【最新】オンラインカジノ総合ランキング! >>

2in1法はなぜ強い?攻略のコツやメリット・デメリットをご紹介

2in1法はなぜ強い?攻略のコツは? カジノ攻略法

どんな強運の持ち主でもカジノで勝ち続けることはできません。

大事なのは負けたときの損失をどうやって取り返すのかということで、損失の回収が上手な人ほど安定してカジノで稼ぎ続けることはできます。

とはいえカジノ初心者の場合は、どうすれば負けを回収できるのか分からないかと思いますので、ここでは負けの回収に特化したカジノ攻略法として「2in1法」をご紹介していきます。

カジノで遊ぶなら絶対に身につけておきたい攻略法のひとつですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

\他の記事も見てみる/

カジノ攻略法一覧
攻略法まとめ オスカーズグラインド バーネット
グッドマン 31システム ウィナーズ
カウンティング ピラミッド 2 in 1
ダランベール パーレー モンテカルロ
マーチンゲール マンシュリアン ココモ

オンラインカジノ総合ランキング

このページでわかること

  • 2in1法は負けを回収することに特化した攻略法
  • 連敗すると長期化しやすい
  • 他の攻略法と組み合わせれば利益を大きく出来る

カジノでは勝てるときもあれば、負けるときもあります。

2in1法はその負けを回収することだけに特化した攻略法で、配当が2倍になるゲームで利用します。

1勝2敗で損失を取り戻すことができるので高確率で損益をプラスマイナスゼロにできますが、利益が小さいというデメリットもあります。

さらに連敗を繰り返すと損失を回収するのに時間がかかり、プレイできる時間が限られているときには回収できないままタイムアップとなってしまいます。

そうならないためにも、他の攻略法と組み合わせて効率的に稼ぐ必要があります。

「2in1法」とは?着実に負けを回収できる攻略法

「2in1法」とは?着実に負けを回収できる攻略法2in1法は「モンテカルロ法」を応用した攻略法で、2回分の負けを1回で取り戻すために使います。

使えるゲームは配当が2倍になるゲームで、ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどで効果的な賭け方になります。

モンテカルロ法のように数列を使って賭けていくため、慣れるまではメモが必要となるので、いきなりランドカジノで使うのは難しいものの、モンテカルロ法よりも賭金が大きくならないので、数式に慣れさえすれば資金の少ない初心者にもおすすめの攻略法です。

ただし「負けを回収する」ことに特化しているので、2in1法で一攫千金を狙うことはできません

長時間かけてわずかな利益を出すローリスクローリターンの賭け方になるため、使うタイミングを選ぶといった特長もあります。

2in1法のやり方を解説!数列をしっかり使おう

2in12in1法は2連敗したところから始まる攻略法です。

同じ賭金で2連敗したら、メモに「1,1」と数列を記載します。

ここからは数列の両端の数字を足した数が、次のゲームの賭金になります。

このため「1,1」と記載した次には、「1+1=2」で、最初の賭金の2倍を賭けます。

ここで負けたら数列の右側に「2」を追加します。

勝った場合には数列の両端の数字を消します。

数列:「1,1」

勝ち→「1,1」→数字が全部消えたので終了

負け→「1,1,2」→次のゲームは「1+2=3」で賭金を3倍にする

※数列が1つになったら、その数字を次のゲームの賭金にします。

最初の賭金を1ドルとして、2in1法での賭金の増減を見ていきましょう。

ゲーム数 数列 賭金 結果 増減 損益
1 $1 -$1 -$1
2 1 $1 -$1 -$2
3 1,1 $2 -$2 -$4
4 1,1,2 $3 -$3 -$7
5 1,1,2,3 $4 -$4 -$11
6 1,1,2,3,4 $5 $5 -$6
7 1,2,3 $4 $4 -$2
8 2 $2 $2 $0

このように数列がすべて消えた段階で損益がプラスマイナスゼロになるようにできており、利益がまったく出ないのが2in1法になります。

2in1法を使うタイミングは?他の方法と組み合わせて使おう

2in1法を使うタイミングは?他の方法と組み合わせて使おう2in1法は負けを帳消しにするだけで、利益をまったく生み出すことができません

このため一見するとあまり使えない攻略法のように思えますが、この攻略法を使えば2in1法で数列が消えたあとの勝に勝てば利益になります。

ただし負ける可能性もあるわけで、稼げる金額がとても少ない賭け方でもあります。

このため、通常は2in1法を単独で使うのではなく、他の賭け方を組み合わせて使います。

例えば勝つたびに賭金を2倍にするバーレー法と組み合わせます。

バーレー法は連勝しているうちは利益を出せますが、目標としている連勝に届かないと最初に賭けた金額分の損失になります。

例えば最初に1ドル賭けると、2連勝で2ドル、3連勝で4ドルという感じに増えていきますが、次に負けると利益が全部消えて1ドルの損失になります。

その状態に次に負けると実質的な2連敗になるので、ここで2in1法を使います。

そうすればすべての負けを帳消しにしてプラスマイナスゼロに着地できます。

そして連勝したときには大きく稼げるので2in1法を単体で使うよりも収益はプラスになりますし、一攫千金も狙えます。

2in1法を実際にやってみた!最終的にいくらで終わる?

実際にやってみた!最終的にいくらで終わる?2in1法の使い方で簡単なシミュレーション結果を見てもらいましたが、必ずしも上記の例のように損失が消せるわけではありませんし、2in1法を使うのがまどろっこしいケースもあります。

どのような状況でそうなるのか、上手くいかないケースでのシミュレーションをご紹介します。

長期戦になって資金を回収できないケース

2in1法は2回分の負けを1回で回収する攻略法ですが、流れが悪いときには連敗が続いてしまうと、どんどんと損失が膨れ上がっていきます

ゲーム数 結果 数列 賭金 損益
1 $1 -$1
2 1 $1 -$2
3 1,1 $2 -$4
4 1,1,2 $3 -$7
5 1,1,2,3 $4 -$11
6 1,1,2,3,4 $5 -$6
7 1,2,3 $4 -$10
8 1,2,3,4 $5 -$15
9 1,2,3,4,5 $6 -$21
10 1,2,3,4,5,6 $7 -$14
11 2,3,4,5 $7 -$21
12 2,3,4,5,7 $9 -$30
13 2,3,4,5,7,9 $11 -$41
14 2,3,4,5,7,9,11 $13 -$28
15 3,4,5,7,9 $12 -$40
16 3,4,5,7,9,12 $15 -$45
17 3,4,5,7,9,12,15 $18 -$27
18 4,5,7,9,12 $16 -$43
19 4,5,7,9,12,16 $20 -$23
20 5,7,9,12 $17 -$40

このケースでは5勝15敗になっているので、極端な例に思えるかもしれませんが、1日カジノで遊んでいればこのような流れになることもあります。

このときに損失が積み重なり、1回の賭金も大きくなっていくケースも珍しくありません。

この状態でも最終的にはプラスに持っていくことはできますが、何時間もかかることもあり、そうなるとただの作業になってしまい、カジノをまったく楽しめなくなります。

勝ち負けが続いて進展がないケース

2in1法で利益を出すには数列が消えた次に勝たなくてはいけませんが、数列が消えた後に負けてしまうといつまで経っても損益が変わらず、ゲームが進展しません。

ゲーム数 結果 数列 賭金 損益
1 $1 -$1
2 1 $1 -$2
3 1,1 $2 -$4
4 1,1,2 $3 -$1
5 1 $1 -$2
6 1,1 $2 $0
7 $1 -$1
8 1 $1 $0
9 $1 -$1

このような状態で何時間プレイした結果、損失は抑えられたけど利益もなく、時間だけを無駄にしたというようなことがよくあります。

こうならないように、上手に他の攻略法と組み合わせて利用しましょう。

2in1法のメリット:勝っても負けても資金を回収できる!

ここまでの説明で、2in1法がどれくらい守り重視の攻略法なのか理解できたかと思います。

かなり消極的な賭け方をするので、あまり使いたくないという人もいるかも知れません。

でもきちんとメリットがあり、上級者でも使う人もいる賭け方です。

そこでここでは、2in1法にどのようなメリットがあるのか解説していきます。

1勝2敗で損を回収できる

2in1法のメリット、1勝2敗で損を回収できる2in1法は配当が2倍になるゲームで利用する攻略法ですが、配当が2倍になるということは、統計的に勝率は50%ということになります。

ところが2in1法を使うことで、1勝2敗で損失をすべて消すことができます。

そう考えると、いかにリスクが低いか理解してもらえるかと思います。

他の攻略法と比べると短時間で損失の回収ができるので、損失を翌日以降に引っ張るようなこともありません。

大きく稼げない代わりに、テンポよく小さく勝ちを積み重ねていくことができ、最終的にプラスになるのが2in1法の大きな魅力のひとつです。

賭金が膨みすぎずテーブルベットを越えにくい

2in1法のメリット、賭金が膨みすぎずテーブルベットを越えにくい賭金が膨らみすぎないのも2in1法のメリットです。

連敗すると賭金は増えていきますが、マーチンゲール法のように賭金が倍々で増えていくわけではなく、上昇率がそれほど高くなくテーブルベットを超えることはまずありません

資金が少ないという人も、よほど運が悪くないかぎり、資金不足でプレイを続けられなくなるようなこともありません。

そういう意味で2in1法はカジノ初心者に習得してもらいたい賭け方のひとつです。

少しずつ利益を積み重ねられる

2in1法のメリット、少しずつ利益を積み重ねられる理論的には2in1法で損をすることはありません。

勝ち負けの確率が50%なら、長時間プレイをすることで確実に損失を減らすことができます。

小さく勝って利益を確保しつつ、負けたときの損失は素早く消して、また利益を積み重ねていけます。

資金を倍にするような勝ち方は難しいものの、資金の10〜20%程度を稼ぐことはそれほど難しくありません。

ギャンブルというよりは投資に近い堅実な賭け方で、長くカジノで遊べるといったメリットもあります。

2in1法のデメリット:流れによっては勝つまで時間がかかる

確実に損失を減らせる2in1法ですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。

どのようなデメリットがあるのか、こちらも詳しく見ていきましょう。

流れが悪いと短期間では稼げない

2in1法のデメリット、流れが悪いと短期間では稼げない他の攻略法と組み合わせたところで、流れが悪いときにはどうやっても稼げないのが2in1法の悩ましいところです。

2連敗したところで発動するわけですが、頻繁に2連敗をすること自体がすでに流れが悪い証拠であり、勝ち負けを繰り返してまったく稼げないことがあるのはシミュレーションで示した通りです。

流れが悪いと資金が300ドルもあるのに3ドルしか稼げなかったなんてことも珍しくなく、これではカジノで稼ぐよりもアルバイトをするほうが儲かります。

ギャンブル性も低いので気持ちの盛り上がりも少なくて、面白みがないといったデメリットもあります。

連敗が続くと損失を回収できなくなる

2in1法のデメリット、連敗が続くと損失を回収できなくなるこちらもシミュレーションで示したとおりですが、連敗すると損失を回収するのが難しくなります。

長くプレイすれば最終的には回収可能ですが、例えば15連敗くらいすると、そこからのリカバリーにかなり長い時間がかかります

カジノにいられる時間が限られていると、回収できないままゲームを終わらせなくてはいけなくなることもあります。

旅行中などで滞在時間が限られるランドカジノとの相性はよくないので、十分な時間を確保しやすいオンラインカジノでの利用がおすすめです。

利用できるタイミングが限られている

2in1法のデメリット、利用できるタイミングが限られている2in1法は2連敗することで利用できる賭け方ですので、連勝しているときや勝ち負けが交互に繰り返しているときには利用できません。

必ず2連敗しないと発動できないので、利用できるタイミングが限られています。

そもそもメモが必要ということも、利用できるタイミングが制限される理由の一つです。

ランドカジノではメモをとるのは禁止されていますので、数列の増減を覚えるまでは利用できません。

いつでも手軽に使えるというわけではないのも2in1法のデメリットになります。

2in1法を使って実際に賭けるときの注意点

手順・長期戦の場合・損切りライン負けないこと、損失を回収することに全振りした攻略法ですので、利用するにあたっては気をつけなくてはいけないポイントがいくつかあります。

どのような点に気をつけて利用すればいいのかを見ていきましょう。

手順をしっかりと頭に入れておく

まずは賭金の増やし方、減らし方をマスターしましょう。

モンテカルロほど複雑ではありませんので、数ゲームくらいなら頭の中に数列を思い浮かべることも可能ですが、数列が増えていった後に勝ち負けが繰り返されると、数列を覚えているのが難しくなります

まずはメモを取りつつも、自分の頭の中でしっかりと組み立てができるようになりましょう。

これをマスターしなければ、いつまで経ってもランドカジノで使えない攻略法になります。

ただし、オンラインカジノ限定で使うならメモを使えるので、基本的な手順を覚えておくだけでOKです。

長期戦になりそうな場合には他の攻略法に切り替える

カジノで遊べる時間が限られているのに、運悪く連敗が続いてしまった場合には、できるだけ早めに見切りをつけて、効率よく稼げる攻略法に切り替えましょう

リスクは高くなりますが、連敗をしてしまうと限られた時間で収益を出すのは無理です。

損失を最小限に抑えるために2in1法を継続するという考え方もありますが、ギャンブルを楽しんでいる感覚も薄く、それではカジノで遊んでいる意味がありません。

連敗をしたら少しだけリスクをとって、リターンが大きくなる攻略法に移行しましょう。

損切りラインを明確にしておく

どんな攻略法でも、100%勝てる賭け方なんていうものはありません。

2in1法も損失が膨れ上がるときもありますし、勝ち負けが繰り返されてまったく稼げないこともあります。

そういうときに「いつか勝てる」と思ってプレイを続けるのではなく、負けを受け入れて切り上げることも大切です。

2in1法を利用したいなら、自分なりの損切りラインをしっかりと決めておき、そのラインを超えてしまったら、すぐに撤退しましょう。

これができていない人は、いずれ資金をすべて失って退場することになります。

自分の資金をベースに「ここまでなら負けてもいい」という金額を決めておき、それ以上負けたら勝負をすぐに終了させて、また翌日以降に挑戦しましょう。

まとめ:他の攻略法と組み合わせて利益を出そう

カジノ攻略法の多くが、いかに効率よく稼ぐかを考えて作られていますが、2in1法は他の攻略法と違って「損失を取り戻す」ことだけに特化した賭け方になります。

このため2in1法単体ではわずかな利益しか得ることができず、他の攻略法と組み合わせて使うのが一般的です。

2in1法は1勝2敗で損失を回収できるので、理論上は損失をゼロにして利益を積み重ねることができます。

この積み重ねのところに他の攻略法を使うことで、効率的に稼げるようになるというわけです。

ただし、2in1法を使っているときに連敗すると長期化しやすく、勝ち負けが繰り返されているようなときには利益がまったく増えないといったデメリットもあります。

さらに最初はメモが必須なのでランドカジノでは使えません。

特に初心者はメモなしで数列を頭に描くのはとても難しいので、まずはオンラインカジノで練習してメモに頼らずに賭けられるようになってからランドカジノで活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました