インカジ・裏カジノの実態を大暴露!行ったら捕まるって本当?

インカジ裏カジノの実態 ギャンブル全般

大きな街の繁華街で飲んでいると、インカジや裏カジノに誘われることがあります。

お酒が入って気持ちが大きくなると、好奇心もあってついついやってみたくなるかもしれませんが、これらの誘いには絶対に乗ってはいけません。

「少しくらいなら大丈夫」「自分だけはハマらない」なんて思っていても、気がつけば取り返しのつかない状態に追い込まれてしまうこともあります。

ここではそんなインカジや裏カジノがどれだけ危険なのかについて、詳しくご紹介していきます。

このページでわかること

逮捕されるリスクやデメリットが多い

  • インカジや裏カジノは反社会的勢力が運営している
  • 違法カジノとして逮捕されるリスクがある
  • オンライカジノなら安心して遊べる

インカジや裏カジノは配当金を即金で受け取ることができますが、運営しているのが反社会的勢力なので、イカサマなどの不正行為をされる可能性もあります。

さらには摘発をされたときにお店にいると、一緒に逮捕されてしまいます。

とてもリスクが高いのに、換金するのに高額な手数料が発生するといったデメリットもあります。

同じカジノをするのであれば、違法でもなく不正行為も発生しない大手オンライカジノがおすすめです。

インカジとは?

インカジの運営はほぼ反射組織

インカジは「インターネットカジノ」の略で、コンピュータを使ってカジノができるギャンブルです。日本では賭博が認められていませんので、もちろん違法行為になります。

そのほとんどは反社会的勢力が胴元になっており、そのような組織の資金源にもなっています。

インカジはその場で現金化できる

コンピュータを使ってできるカジノにはオンライカジノがありますが、インカジの多くがこのオンライカジノを使ってギャンブルを提供しています。

だったら、自分でアカウントを作ってプレイすればいいと思うかもしれませんが、アカウントを作るのも入出金するのも手間がかかります。

しかも人によっては、オンライカジノへの入出金の履歴が残ることを避けたいケースもありますよね。

インカジがターゲットにしているのはそのような人たちで、お店のアカウントでギャンブルでき、配当を現金でもらえるため、利用者にはオンライカジノを使った履歴が残りません。

ただしインカジの場合は、換金するための条件が厳しかったり、高額な手数料が発生したりすることもあります。

インカジを利用するための方法

合言葉「ギャンブルどうですか」

インカジを利用するためのハードルはやや高めで、インターネットで検索しても店舗情報などは出てきません。

インカジをしたければ次のいずれかの方法で、賭博場に連れて行ってもらいましょう。

  • 知り合いに紹介してもらう
  • キャッチについて行く

簡単なのはキャッチについて行く方法で、インカジがありそうな場所をキャッチが声を掛けてくれるまで歩いてみましょう。

「ギャンブルどうですか?」と声を掛けてきたら、それがインカジのキャッチです。

なかなか声を掛けてもらえない場合には、キャバクラなどの呼び込みをしている人に「ギャンブルできるところはないの?」と聞いてみるといった方法もあります。

ただし、相手も人を見て判断しますので、必ず連れて行ってもらえるとは限りません。

インカジは全国の繁華街でできる

インカジがあるのは全国の繁華街です。

東京なら歌舞伎町や渋谷、大阪ならミナミに店舗があります。

店舗といっても看板が出ているわけではありません。

違法な闇カジノですので、普通の人にはわからないような場所に潜んでいます。

その世界を覗いてみたいという人は、大きな街の繁華街でキャッチが声を掛けてくれるのを待ちましょう。

インカジで遊ぶリスクについて

インカジで遊ぶ高すぎるリスク

インカジについての基礎知識を把握してもらえたところで、いよいよ本題のインカジで遊ぶリスクについてご紹介していきます。

ここまでの説明ですでに危険な雰囲気を感じているかもしれませんが、出来心で利用しないためにも引き続き読み進めてください。

違法なので摘発・逮捕される可能性がある

すでにお伝えしましたようにインカジは違法です。

裏カジノのように実際にディーラーがいるわけではありませんが、そこで賭博をしてお金を賭けているわけですから、違法カジノということになります。

インカジも裏カジノも違法ですので、当然摘発の対象になります。

実際にニュースなどでも「インターネットカジノ店摘発」や「違法カジノ店摘発」といったものが頻繁に記事になっており、従業員だけでなく利用客も逮捕されています。

客も逮捕されるの?と思うかもしれませんが、日本では刑法185条には「賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する」とあり、逮捕の対象となります。

パチンコをするくらいの気軽な気持ちで、インカジや裏カジノをしている人もいるようですが、逮捕されると人生の歯車が大きく狂ってしまうこともあります。

ちょっとした出来心で人生のレールを踏み外す可能性があることを頭に入れておきましょう。

イカサマされる可能性がある

インカジで勝つのは不可能

インカジではオンライカジノのサービスを使って営業しているケースが多いのですが、インカジの店舗によっては独自のゲームを提供しているケースもあります。

この場合は、インカジ側で不正し放題の状態にあり、どうやっても勝つことができません。

パチンコやパチスロなどは店で遠隔操作できるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、同じようなことがインカジでも行われています。

初めての人には気持ちよく勝たせておいて、インカジにハマったら徐々に負けるように操作するわけです。

負けてお金がなくなったら、お金を貸してさらにギャンブルをさせることもあります。そのお金は闇金とつながっていて、返済不能なくらい借金が膨れ上がってしまいます。

その先に待っているのは破綻しかありません。

反社会的勢力との関係ができてしまう

インカジを運営しているのは暴力団などの反社会的勢力です。

インカジで遊ぶというのは、その世界とのつながりを持ってしまうことを意味します。

直接、反社会的勢力が運営していなくても、みかじめ料などは払っていて、トラブルがあると反社会的勢力の構成員が出てきます。

トラブルを起こさなければいいと思うかもしれませんが、そのような組織とつながりのある場所で遊んでいると、いつトラブルに巻き込まれるかわかりません。

インカジで負けた構成員が殴り込みに来たときに現場にいたらどうなるか、その結果は言うまでもありません。

インカジで遊ぶというのは、自分自身を危険に晒すことだと考えてください。

それでもまだインカジで遊びたいですか?

オンラインカジノとインカジの違い

オンラインカジノインカジとの違い

インカジではオンライカジノのサービスを使っているとお伝えしましたが、そうなると気になるのがオンライカジノの位置付けですよね。

インカジが違法カジノなら、オンライカジノも違法では?と思う人もいるかと思います。

そこで、ここではオンライカジノとインカジの違いについて解説していきます。

オンライカジノは違法ではない

インカジや裏カジノなどの闇カジノは違法ですが、オンライカジノは違法ではありません。大手オンライカジノはオンライカジノが合法な国で運営されており、きちんとライセンスを発行されているので、その存在そのものが認められたものとなっています。

でも日本でプレイするのは違法じゃないのかと思うかもしれませんが、日本の法律ではオンライカジノで遊ぶことを違法とする明確な法律がないため、合法とは言えないものの違法とも言えず、いわゆるグレーゾーンという立ち位置にあります。

それでも違法ではないので、自分のアカウントでオンライカジノを遊んだからといって、逮捕されることはありません。

オンライカジノは不正されることがない

オンラインカジノは不正の心配がない

オンライカジノはライセンスを受けているとお伝えしましたが、それだけでなくきちんと第三者機関の認証も受けています。

第三者機関はゲームが公平に行われていることや、適切な還元率になっているかをチェックします。

このため、独立した第三者機関による監査を受けているオンライカジノで、不正行為が行われることはありません。

逆に言えば監査を受けていないオンライカジノは、インカジや裏カジノと同じように不正行為が行われる可能性があり、利用するのは危険です。

オンライカジノで遊ぶときには、イーコグラ、TST、GLIといった第三者機関の監査を受けていることも確認しましょう。

オンライカジノは出金に時間がかかる

インカジの魅力は即金で配当を受けられることにありますが、オンライカジノはすぐに現金を手にすることができるわけではありません。

オンライカジノは電子決済が主流で、銀行送金に対応しているのは一部のオンライカジノだけです。

また出金限度額が設定されているオンライカジノもあり、配当をすべて現金に変えるのに数ヶ月かかるようなこともあります。

オンライカジノはこのように出金があまりスムーズではありません。

この点はデメリットのひとつとして覚えておきましょう。

スピーディに出勤したい場合は、銀行送金に対応しているオンライカジノを選びましょう。

まとめ:インカジや裏カジノには絶対に手を出さないこと

インカジや裏カジノに手を出してはいけない

インカジや裏カジノといった違法カジノを利用するということは、反社会的勢力と繋がるという点だけを考えても、リスクしかありません。

唯一のメリットは取引履歴が残らず、すぐに配当金を受け取れることですが、配当金を現金化するのには高額な手数料を取られてしまいます。

そしてその手数料は反社会的勢力の資金になるわけです。

さらにインカジによってはイカサマなどの不正行為もあたり前に行われていますし、摘発の現場にいると一緒に逮捕されます。

ここまでリスクを取って行うものではありません。

どうしてもギャンブルをしたいなら、オンライカジノに自分でアカウントを作って、失っても困らない範囲の資金で楽しみましょう。

オンライカジノの中には違法性のあるものもありますが、ライセンスを取得し、第三者機関の監査を受けている大手なら問題ありません。

わざわざ危険を犯してインカジをするのではなく、安全で安心な方法でギャンブルを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました