オンラインカジノで逮捕されることはある?オンラインカジノの違法性は?

オンラインカジノ気になる違法性 オンラインカジノ入門編

オンラインカジノを現在利用している、またはこれから利用したい人にとって気になるのが、日本国内からオンラインカジノの登録・利用は実際のところ違法なのか合法なのか?

逮捕をされてしまう可能性はあるのかという点でしょう。

この記事では日本の法律では、海外のオンラインカジノはどのように扱われるのか、実際の逮捕例、知らずに違法行為の関係者にならないためのオンラインカジノの選び方の紹介をします。

この記事でわかること

オンラインカジノは18歳以上であれば、基本的に誰でも利用できるサービスですが、賭博行為が法律で禁止されている日本国内での利用に、問題はないのでしょうか。

ここではオンラインカジノを利用しただけで逮捕されてしまう可能性はないのか、日本では違法ではないのか、解説します。

オンラインカジノ利用で逮捕される?ズバリ答えます

オンラインカジノを利用しただけで逮捕され、罰せられることは、基本的にはないといえます。

オンラインカジノは賭博なので、日本では違法になりそうですが、サービスを提供しているのは、カジノが合法の国の企業です。

実際のカジノにたとえると、ラスベガス等に行って遊戯しても、日本に帰ってきたときに逮捕されることはありませんよね。

現在、日本で明確に法律違反となるのは、日本国内に存在するカジノ等の賭博場で賭博をした場合のみだと考えられます。

参考として、賭博に関する刑法は185~186条に定められており、以下のような内容になっています。

第百八十五条 賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭かけたにとどまるときは、この限りでない。(常習賭博及び賭博場開張等図利)第百八十六条 常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

引用元:e-GOV『第二十三章 博及び富くじに関する罪』

185条を見ると、オンラインカジノを利用しただけでも違法になるというふうに思えますが、この条文は賭博を「日本国内」で行う前提です。

根拠として、平成25年に衆議院に対し提出された「賭博罪及び富くじ罪に関する質問主意書」の中に、オンラインカジノの利用に関する質問があります。

質問に対する回答は、合法・違法の明言は避けられていますが、日本国内で賭博行為をした場合に賭博罪が成立するという考えを示すものでした。

日本国内から、インターネットを通じて、海外で開設されたインターネットのオンラインカジノに参加したり、インターネットで中継されている海外のカジノに参加することは、国内のインターネットカジノ店において参加する場合だけでなく、国内の自宅からインターネットを通じて参加する場合であっても、刑法第百八十五条の賭博罪に該当するという理解でよいか。

引用元:衆議院「賭博罪及び富くじ罪に関する質問主意書」

一般論としては、賭博行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条の賭博罪が成立することがあるものと考えられ、また、賭博場開張行為の一部が日本国内において行われた場合、同法第百八十六条第二項の賭博開張図利罪が成立することがあるものと考えられる。

引用:衆議院「衆議院議員階猛君提出賭博罪及び富くじ罪に関する質問に対する答弁書」

海外のサービスでオンラインカジノを使う分には問題なし

少し複雑ですが、海外のサービスを利用して、そこでギャンブルするのは、日本国内でギャンブルしたことにはならない=オンラインカジノを利用しただけでは逮捕されないとも考えることができます。

そもそも、2021年現在、オンラインカジノに関連する法律は存在していないため、明確に違法と見なすことはできないのです。

反対に、法律がないために合法と見なすこともできないので、オンラインカジノの利用は、法律的にはグレーゾーンだといえます。

オンラインカジノの違法性について。どの国で運営されているかが重要

オンラインカジノの利用は違法ではない、と考えられるものの、オンラインカジノの存在自体は合法なのかという問題です。

オンラインカジノは通常、カジノが合法化されている国で、各政府からライセンスを取得して運営されています。

政府からライセンスを取得しているということは、違法な存在ではありません。

例外として、合法ではない国でオンラインカジノを運営している場合と、合法化されている国でも、ライセンスを取得していないのにも関わらず、オンラインカジノを運営している場合は、違法になるといえます。

上記のような違法オンラインカジノを、違法だとわかっていて利用した場合、罪に問われる可能性はあるでしょう。

 絶対に利用してはいけない!「インカジ」は違法です

オンラインカジノで、明確に違法となるものに「インカジ」があります。

インカジとはインターネットカジノの略称で、店舗型のオンラインカジノのことです。

インカジはインターネットカフェのように店側が客にコンピューターを貸し出し、店側が用意したアカウントでオンラインカジノを遊ばせて、金銭の受け取りを直接、店内で行います。

違法にあたる部分は、店内で直接、金銭の受け取りを行う点にあります。

日本にある店で、金銭のやりとりをすることで「日本国内」での賭博に該当してしまうためです。

そのような店を万が一見つけても、利用は決してしないようにしましょう。

店側だけでなく、利用した客側も逮捕されます。

【気になる】実際にオンラインカジノで逮捕された人はいる?調べてみた

オンラインカジノを利用しただけでは、逮捕されて罰せられることは基本的にない、と前述しました。しかし実は、利用しただけなのに逮捕されてしまった人は存在しています。

ここではオンラインカジノ関係で逮捕された例を紹介します。

逮捕例①「スマートライブカジノ」利用で逮捕

オンラインカジノを利用しただけで逮捕されて罰せられることは基本的にありません。

しかしながら、2016年3月に、合法のライセンスをもつオンラインカジノ「スマートライブカジノ」を利用しただけで、逮捕された人が実際に存在します。

逮捕理由としては、スマートライブカジノが、日本人向けのサービスであると判断されたためです。

今回の逮捕は、日本人女性のディーラーがゲームを提供していること、日本語でやりとりができたこと、賭博の開催時間は、日本時間の夕方から深夜に設定されていること、といった日本人向けのサイトであったことが、特に重視されたようです。
これは、オンラインカジノの実態が国内において行われていると評価できる場合には、たとえ無店舗型の海外サイトからのインターネットを通じたオンラインカジノであっても、プレイヤーが賭博罪に問われることを明らかにしたものと考えられるでしょう。

引用元:ライブドアニュース「オンラインカジノの客、全国初の逮捕「海外サイト」なのに摘発されたのはなぜ?」

スマートライブカジノは偽りなく海外で運営されていて、政府からライセンスを取得していた合法のオンラインカジノです。

カジノ自体に違法性は全くありませんでした。

ところが、日本人向けのサービスを提供していたことで、その利用者が、日本国内でギャンブルをしたものと見なされ、逮捕されるに至ってしまったようです。

この例から、やはりオンラインカジノを利用しただけで逮捕されてしまう可能性があるのではないか、と考えてしまうかもしれません。

しかし、この逮捕については後に不起訴となっています。

逮捕はされたものの、最終的に罪には問われなかったということです。

以降、2021年現在まで、日本国内からオンラインカジノの利用者の逮捕者は出ていません。

 逮捕例②「ドリームカジノ」運営者が逮捕

国内で、違法なオンラインカジノを運営していたとして、「ドリームカジノ」の運営者が逮捕された例もあります。

ドリームカジノは、オランダ領キュラソー島の企業が運営していてライセンスも取得済、とサイト上に記載されており、一見して違法性はないように思えます。

しかし実際は日本国内で運営されている、違法なオンラインカジノだったのです。

運営者は、常習賭博罪と、常習賭博ほう助罪での逮捕されたようです。

該当しそうな賭博開帳図利罪(賭博場を開設する罪)ではないのは、オンラインカジノは店舗のような実態がないので、そちらの罪には問えなかったということでしょうか。

日本国内での賭博は明確な違法行為なので、逮捕されるのは当然だといえます。

インターネットのオンラインカジノサイトを運営し客と賭博したとして、京都府警は10日、常習賭博容疑で、大阪市中央区本町橋の会社役員、坂本拓也容疑者(39)ら実質運営者5人を逮捕したと発表した。
(中略)
無店舗型オンラインカジノの運営者が逮捕されるのは全国初という。
引用元:産経新聞「オンラインカジノ運営業者を逮捕 全国初…国内運営と判断」

気になるのは、ドリームカジノ利用者がどうなったのかということではないでしょうか。

違法だと知っていて利用した場合は、罪に問われるかもしれませんが、上記のとおり、ドリームカジノは虚偽の情報を記載し、合法なオンラインカジノとしてサービスを提供していました。

利用者の多くは、違法なオンラインカジノと知らずに、サイト上に記載された情報を信じていたことでしょう。

その後、ドリームカジノ利用者が逮捕されるようなことは起こりませんでしたが、一部の利用者は警察から事情聴取を受けたようです。

【必見】安全性の高いオンラインカジノを選ぶコツ3選

違法オンラインカジノを利用すること自体は罪に問われないですが、知らずに利用してしまうと、違法行為の関係者にはなってしまうため、リスクが高いといえます。

しかし、あからさまに違法なオンラインカジノは存在しません。

ほとんどは、安全なサイトに見せかけようとしており、一見しただけではわからないようになっているでしょう。

ここでは、違法で危険なオンラインカジノを避けて、安全性の高いオンラインカジノを選ぶ方法を紹介します。

1.運営元の企業・所在地を確認する

気になるオンラインカジノに登録する前に、運営元の情報を確認しましょう。

オンラインカジノでは通常、サイトの下部など、どこかの部分に必ず企業名や所在地が明記されています。

より慎重に判断したい場合は、記載された運営元の企業が、記載されている住所の位置に実在しているのか、までチェックしたほうが良いかもしれません。

もしも、運営する企業の所在地がサイト上のどこにも書かれていない場合、そのオンラインカジノは利用しないほうが安全といえます。

ただ、ドリームカジノの件のように、運営元の所在地等の情報自体が真っ赤な嘘という可能性もあるので、書かれていることすべてを鵜呑みにして信じるのではなく、あくまでも判断材料のひとつとして使うのが無難です。

2.ライセンスを確認する

運営元の所在地のほかに、確認したほうが良いのが、ライセンスの有無です。

ライセンスというのは、カジノが合法化されている国の政府から付与される、オンラインカジノ運営のための免許です。

合法オンラインカジノであれば、必ずライセンス情報が記載されています。

ライセンスは、一定の条件をクリアしたサイトにのみ付与されるもので、信頼できるオンラインカジノかどうかを判断する、極めて重要な要素になります。

ここで注意したいのが、ライセンスは1種類ではなく、様々な国がそれぞれ発行しており、基準もそれぞれで異なるということです。

厳しい条件を満たす必要があるライセンスもあれば、条件が緩めのライセンスも存在しているため、ライセンスを取得しているからといって、100%安全なサイトだと即判断できる、ものではありません。

例として、審査が厳しく、信頼度が高いとされているライセンスには、以下があります。

  • MGAライセンス(マルタ共和国)
  • Pagcorライセンス(フィリピン)
  • ジブラルタルライセンス(ジブラルタル)

上記はあくまでも例なので、上記にないライセンスの場合でも、即ち信頼できない、安全性を欠くオンラインカジノというわけではありません。

その逆も同様です。

そこで、ライセンスと併せて確認しておきたいのが、第三者機関の存在です。

第三者機関は、ライセンス取得後に、オンラインカジノが不正を行っていないかを監査する団体です。

ライセンスの取得とは異なり、オンラインカジノは第三者機関の監査を受けなければいけない、という法律は存在しないため、完全に任意です。

第三者機関の監査を受けていないからといって、安全性に欠くオンラインカジノだというわけでも決してありません。

しかし、任意である第三者機関からの監査を、オンラインカジノが受けているかどうかは、信頼度に関わる重要な情報といえます。

有名な第三者機関には以下のようなものがあります。

  • eCOGRA
  • GLI

第三者機関の監査を受けているオンラインカジノの場合、ライセンスと同様にサイト上に監査を受けている旨が必ず記載されています。

3.利用者からの評価・評判を確認する

運営元の情報、ライセンスの有無に併せてチェックしておきたいのが、実際にオンラインカジノを利用しているユーザーの声です。

気になるオンラインカジノがあれば、まずはユーザーからの評価・評判を確認しましょう。

個人ブログ、SNS、匿名掲示板など、どこで探しても問題ありません。

多角的に判断するため、1人のユーザーだけでなく、複数の評価をチェックしたほうが良いです。

特に、入出金時のトラブルの有無・サポートの質についてはオンラインカジノを安心して利用するための大切な判断材料になります。

もちろん、1ユーザーの意見であることから、良い部分も悪い部分も、実際よりオーバーに書いている可能性もないとは言い切れないので、鵜呑みにはし過ぎないようにしましょう。

ただ、新興オンラインカジノについては、新しすぎてまだ評価・評判が少ない、あるいは無い可能性もあります。

オンラインカジノを利用したことがあまりない場合や、できるだけリスクを抑えたい場合は、評価・評判が十分に出揃うまで、登録するのは待ったほうが良いかもしれません。

まとめ

海外のオンラインカジノを利用しただけで逮捕されることは、基本的にありません。

過去に利用しただけで逮捕されてしまった人はいますが、後に不起訴となっています。

2021年現在まで、国内で逮捕され、実際に有罪判決を下されたのは、違法オンラインカジノの運営者のみです。

なお、上記違法オンラインカジノの利用者は、逮捕はされていないものの、事情聴取はされたようです。

違法オンラインカジノに関わってしまうこと自体にリスクがあるといえるでしょう。

運営元情報やライセンス、他ユーザーの評価などを参考にして、違法である恐れがあるサイトの利用は避け、安全性の高いオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました