【最新】オンラインカジノ総合ランキング! >>

【保存版】オンラインカジノの入金方法を完全解説!一番早い入金方法は?

オンラインカジノの入金方法を完全解説 オンラインカジノ入門編

オンラインカジノは海外で運営していますので、お金を入金する時には海外のサイトにお金を送ることになります。

そのためにはクレジットカード、銀行振込のほか、海外で使える電子マネーや仮想通貨で入金をしなくてはいけません。

この記事ではオンラインカジノに入金をするための手段、オススメの入金方法を紹介します。

また入金が反映されない時の原因、対処法についても解説をしていきます。

オンラインカジノ総合ランキング

このページでわかること

オンラインカジノへの入金には、クレジットカードや銀行振込、仮想通貨や電子決済などが利用できます。

決済手段によっては入金に時間がかかったり、手数料が上乗せされたりする場合があります。

電子決済のエコペイズ、ヴィーナスポイントは多くのオンラインカジノに対応しており、入出金がスピーディです。

クレジットカードは不正利用を疑われる、エラーになるなどのトラブルが発生しやすいですので、オンラインカジノを長く楽しみたい方、複数のサイトで遊びたい方は電子決済への登録をお勧めします。

オンラインカジノにおけるお金の流れ

オンラインカジノにおけるお金の流れ

オンラインカジノはインターネット上のカジノという特性上、競馬やパチンコなど他のギャンブルのようにお金を直接払ったり、受け取ったりできません。

そのため電子マネーやクレジットカードなど、何らかの決済サービスを介してお金を支払うことになります。

オンラインカジノで遊ぶのであれば、どの手段で入金を行う予定なのかを先に決めておきましょう。

また詳しくは後で解説を行いますが、出金する際は原則として入金した時と同じ手段しか使えません。

これからカジノに登録しようとしている方にとっては、

「儲ける前から出金のことを考えるのは気が早い」

と思うかもしれませんが、入金のことも踏まえながら出金手段を考えていきましょう。

オンラインカジノの主な入金方法とメリット・デメリット

おすすめの入金方法

それではオンラインカジノで実際に使える入金手段と、メリットとデメリットを解説していきます。

クレジットカード

メリット ・入金がすぐに反映される

・手軽である

デメリット ・使えないカードがある

・入金手段を別に考えなくてはいけない

・手数料がかかる

・カード会社から電話がかかってくることがある

クレジットカードは入金がすぐに反映され、手軽に使えることがメリットです。

既にクレジットカードを持っていれば、口座開設や会員登録などの面倒な手続きなしで入金ができます。

日本で遊べるオンラインカジノの多くがVISAとMasterCardに対応しており、中にはアメックス、JCBなどに対応しているカジノもあります。

デメリットは、未対応のカード会社があること、会社によってはオンラインカジノへの送金が拒否されることです。

また普段使用しないサイトでクレジットカードを利用すると、カード会社から確認の電話がかかってくることがあります。

これは不正利用を防ぐためのものですので「私が使ったものです」と伝えればそれ以上詮索されることはありません。

なお、クレジットカードは出金に使えませんので、出金のための手段を別に準備しなくてはいけないことにも注意しましょう。

デビットカード

メリット ・審査不要で発行できる

・資金の管理がしやすく、使いすぎを防げる

デメリット ・オンラインカジノで使えない場合がある

・口座に軍資金を入金しておく必要がある

・手数料がかかる

デビットカードとは、銀行口座とカードを紐づけしておき、支払と同時に口座からその金額分を引き落とすカードです。

見た目はクレジットカードと似ており、カジノでの使い方もクレジットカードと一緒です。

デビットカードは銀行の残高がそのまま利用可能額になりますので、使いすぎを防ぐことができます。

しかし大きな金額を賭けたい人にとっては、口座残高以上の金額が使えないことはデメリットに感じるかもしれません。

なおデビットカードには

・ジェイデビットカード

・国際ブランド(Visaなど)との提携デビットカード

の2種類があります。

ジェイデビットカードは銀行のキャッシュカードにデビットカードの機能を付与したもので、オンラインカジノでは使えませんので注意しましょう。

Vプリカ

メリット ・審査不要で発行できる

・使いすぎを防げる

デメリット ・使えるカジノが減ってきている

・手数料がかかる

VプリカとはVisaが発行しているプリペイドカードのこと。

使い方はクレジットカードと同じで、あらかじめチャージをしておいた金額だけ支払ができます。

審査不要で発行できることがメリットですが、マネーロンダリングなどの目的で悪用されることもあるため、使えるカジノが減ってきていることがデメリットです。

電子決済

メリット ・ほとんどのオンラインカジノで使える

・出金の際にも使える

・入出金の反映が早い

・手数料が安い、もしくは無料

デメリット ・利用するための登録が必要

・サービス内容が変更、終了する可能性がある

電子決済とは、オンライン上に口座を作りそこから入出金を行うシステムのことで、「オンラインウォレット」「オンライン決済サービス」と呼ばれることもあります。

ecoPayz、VenusPointやiWalletなどがオンラインカジノでよく使用されています。

出金にも対応していますので、オンラインカジノでの入出金を一つのアカウントで同時に管理することができます。

しかし電子決済は登録に手間がかかることがデメリットです。

また電子決済会社の突然のサービス変更、サービス終了に注意しなくてはいけません。

仮想通貨

メリット ・出金の際にも使える

・入金、出金ともに反映が早い

・他の手段に比べ手数料が低い、もしくは無料

デメリット ・為替の変動が大きい

・仮想通貨に対応していないカジノが多い

仮想通貨(暗号資産)はオンライン上で流通する通貨のことです。

2009年にビットコインネットワークが始まったことがきっかけで誕生し、現在はビットコイン以外の仮想通貨も多く流通しています。

他の取引に比べて手数料が低く、反映が早いというメリットがあります。

国で流通する通貨(法定通貨)と違って為替の変動が激しいこと、対応していないカジノがあることに注意しましょう。

銀行振込

メリット ・カードや決済サービスなどを申し込む必要がない

・クレジットカードに比べ手数料が低い

デメリット ・時間がかかることがある

・銀行から確認の電話がかかってくることがある

オンラインカジノへの入金は銀行振込でもできるようになっています。

日本でのプレイ人口が多いベラジョンカジノ、インターカジノも2021年より銀行振込で入出金ができるようになりました。

決済サービスなどに登録する必要がなく、手軽に手続きが行えることがメリットです。

しかしクレジットカード等と違って反映までに時間がかかります。

土日や祝日は銀行振込での入金に対応していないカジノが多いため、早く入金したい方には不向きです。

また振込先が国内の銀行か、海外の銀行かはカジノによって異なります。

振込先が海外の銀行だった場合は「国際送金」扱いとなるため、日数がかかる上、銀行から確認の電話がかかってくることがあります。

またオンラインカジノでは入金と出金の手段を同じにしなくてはいけませんので、銀行振込で入金をした場合は振込で出金をすることになります。

高額のお金が振り込まれた場合、不正利用やマネーロンダリングを疑われ、銀行から内容確認の電話がかかってくる可能性が高いです。

オンラインカジノで本格的に遊びたいのであれば他の入金手段を用意したほうがよいでしょう。

オンラインカジノにオススメの入金方法

おすすめの入金方法

オンラインカジノには様々な入金手段がありますが、複数のカジノで遊びたい方や入出金をスムーズに行いたい方は電子決済、もしくは仮想通貨のビットコインの利用をお勧めします。

銀行振込などと異なり登録に手間はかかりますが、入出金が早く、カード会社や銀行から確認の電話がかかってくることもありません。

ここではオススメの手段について、アカウントへの入金方法や出金方法、対応しているカジノサイトをまとめました。

エコペイズ(ecoPayz)

運営会社 PSI-Pay Ltd.
入金手段 銀行振込、仮想通貨、エコバウチャーなど
出金手段 国際送金、高速現地送金
対応カジノサイト ベラジョンカジノ、インターカジノ、カジ旅、カジノシークレット、ラッキーニッキー 等多数

エコペイズはイギリスで誕生した電子決済サービスです。

日本で遊べるほとんどのオンラインカジノに対応しており、エコペイズでしか入金ができないカジノもある程です。

オンラインカジノで遊びたいのであればアカウントを作っておいて損はないでしょう。

銀行口座から直接入金・出金ができることがメリットですが、現金として出金する時の手数料が5%と高めであることに注意しましょう。

ヴィーナスポイント(Venus Point)

運営会社 不明
入金手段 不可(カジノからの入金のみ)
出金手段 銀行振込
対応カジノサイト ベラジョンカジノ、インターカジノ、カジ旅、カジノシークレット、チェリーカジノ 等多数

ヴィーナスポイントは、オンラインカジノからお金を受け取り、残高をカジノに使ったり銀行振込で受け取ったりできるサービスです。

「ヴィーナスポイント」というサービス名称の通り、あくまでもポイントを管理するためのサービスですので、アカウントへ入金はできません。

しかし他のオンライン決済と違い手数料が低く、取引でポイントを貯めることができることがメリットです。

出金のスピードも早いですので、カジノユーザーには人気のサービスです。

しかしVenus Pointは経営会社が不透明であり、本拠地がイギリス領のヴァージン諸島にあるということしか分かっていません。

ホームページにおいて運営企業の情報が開示されているエコペイズ、アイウォレットと比べると信頼性が劣ると言えます。

運営の実態が心配だという方は他のサービスを利用するか、万が一に備えてこまめに出金を行うようにしましょう。

アイウォレット(iWallet)

運営会社 iWallet Limited
入金手段 銀行振込、エコバウチャー、仮想通貨、クレジットカードなど
出金手段 銀行振込、iWalletカード、収納代行サービス
対応カジノサイト エンパイアカジノ、ギャンボラなど

アイウォレットは長いメンテナンスが続いていたため使えるカジノが減っていましたが、2021年以降サービスが再開し、使えるカジノが増えつつあります。

iWalletカードを発行することで残高をATMから出金できるようになることがメリットです。

しかし手数料が高めであり、口座を放置し続けていると年間20ドルの手数料が引き落とされることに要注意です。

ビットコイン(Bitcoin)

運営会社 (通貨のため運営会社なし)
入金手段 銀行振込など
出金手段 銀行振込など
対応カジノサイト ビットカジノ、ビットスターズ、ベラジョンカジノ、カジ旅、インターカジノなど

ビットコインは世界で流通している仮想通貨(暗号資産)の一種です。

入出金のスピードが早く、他の決済方法と比較して手数料が安いことが特長です。

ビットコインを管理するには、仮想通貨用のオンラインウォレット(コインチェック、GMOコイン、ビットフライヤーなど)が必要となりますので、これから導入する方は登録の手間がかかります。

またカジノによってはビットコインで入金をした後、自動的に$に換算されてしまう場合があります。

ビットコインは為替の変動が激しいですので、タイミング次第では入金だけで大損をしてしまう恐れがあります。

ビットカジノなど、ビットコインのままで遊べるカジノを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノに入金する際に注意したいこと5つ

オンラインカジノは海外で運営されていますので、日本国内で提供されているオンラインゲーム、スマホゲームのようにスムーズに入金処理ができるわけではありません。

カジノの入出金については様々な規定があるため、何も知らずに入金をして後悔する、という方も多いです。

ここでは、オンラインカジノで入金する時に注意したいこと5つを詳しく解説していきます。

入金の前に必ず読んでおきましょう。

反映に時間がかかることがある

反映2時間がかかることがある

入金する手段によっては、オンラインカジノの残高に反映されるまでに時間がかかります。

  • 反映が早い…クレジットカード、デビットカード、Vプリカ、電子決済、仮想通貨
  • 反映が遅い…銀行振込

クレジットカードや電子決済はカジノへの反映がスピーディですが、銀行振込の場合は反映までに早くても30分かかり、土日祝日を挟んだ場合は翌営業日の処理になります。

しかもこれはあくまでも送金先の銀行が国内だった場合の話です。

カジノによっては送金先に海外の銀行を指定してくるケースがあり、その場合は「国際送金」の扱いになりますので、反映までに一週間程度かかることがあります。

早く遊びたい方は他の入金手段を選ぶとよいでしょう。

入金した時と同じ方法でしか出金ができない

同じ方法でしか出金できない

ここまでの項目でも何度かお伝えしていますが、マネーロンダリングを防ぐという理由により、ほとんどのオンラインカジノでは入金した時と同じ手段でしか出金ができません。

エコペイズで入金をした場合、エコペイズでしか戦利金を受け取れない、ということです。

クレジットカードで入金をした場合は出金をする場合は別の手段を登録する必要があります。

手数料が発生する

手数料が発生する

入金の手段によっては、入金したい金額に手数料が上乗せされることがあります。

  • 手数料がかかる場合がある…クレジットカード、デビットカード、Vプリカ
  • 手数料がかからない…電子決済、仮想通貨

※銀行振込はオンラインカジノでの手数料はかかりませんが、振込手数料がかかります。

手数料がかかる場合、入金画面にどれくらいの割合で手数料がかかるのか、手数料の上限はいくらなのかが記されています。

例えばベラジョンカジノの場合、クレジットカードで入金する場合は

「手数料:2.25%、最大$5.00」

の手数料がかかると記載されています。

100ドルを入金する場合の手数料は100ドル×2.25%=2.25ドル。

実際支払う金額は、カジノへの入金額の100ドルに手数料の2.25ドルを加えた102.25ドルということになります。

カジノ側での手数料が無料でも、クレジットカード側から手数料を課される場合があります。

カードでの入金は日本円からドルに換算しなくてはならず、為替手数料がかかるためです。

カジノ上での残高だけでなく、クレジットカードの明細も併せて確認をするようにしましょう。

クレジットカード会社から連絡が入ることがある

クレジットカード会社から連絡が入ることがある

クレジットカードをオンラインカジノで使うと、不正利用であると疑われ

「お客様のカードが■■Webで不正利用された可能性があります」

電話がかかってくる場合があります。

クレジットカード会社は顧客のクレジットカードが不正利用されていないか、常にコンピュータで監視をしています。

  • 深夜~早朝に利用した
  • 短期間で連続して決済しようとした
  • 普段利用しない場所(ショップ)で利用している

等に当てはまった場合、不正利用である可能性が高いとされ、確認の電話がかかってくるのです。

もし電話がかかってきた場合、

「自分で使いました」「海外のサイトで買い物をしました」

等と答えれば事なきを得られますが、電話がかかってくるのが嫌だという方は他の入金手段を検討しましょう。

入金額以上の賭けをしないと出金ができない

オンラインカジノはマネーロンダリング防止のため、出金について様々なルールを儲けています。

一度入金をした場合、その金額以上ベットをしないと出金ができません。

例えば100ドル入金をし、そのうちの50ドルをベットして合計200ドルにまで増やしたとします。

「稼いだ分だけ出金しよう」と100ドルの出金を申請しても、まだ入金分の金額を賭けていませんので出金ができません。

入金する金額を決める場合には、出金する時のことも考えるようにしましょう。

オンラインカジノに入金できない!原因と対処法7選

オンラインカジノでよくあるトラブルの一つが、入金したはずなのに残高に反映されていない、という事例です。

入金できない、もしくは残高に反映されない原因はいくつかあります。

ここではよくある原因や理由を詳しく解説していきます。

  • 処理に時間がかかっている
  • アカウントの名義と入金名義が異なっている
  • 入金時に入力ミスがあった
  • 最大入金額を超えている
  • 本人確認認証が終わっていない
  • クレジットカード側が送金を拒否している
  • それでもダメならどうする?

処理に時間がかかっている

処理に時間がかかっている

オンラインカジノは海外にサーバーがありますので、日本国内のゲームへの入金のように即時に反映されないこともあります。

電子決済などは反映が早いとお伝えしましたが、タイムラグが発生することもあります。

入金が反映されないからと何度も決済ボタンを押したり、画面の再読み込みをしたりすると、重複して入金手続きがされる恐れがあります。

まずは慌てずに少し待ちましょう。

アカウントの名義と入金名義が異なっている

アカウントの名義と入金名義が違う

オンラインカジノに登録する際、個人情報を登録するのは嫌だからと言って嘘の名前を登録してはいないでしょうか。

オンラインカジノでは、アカウントの名義人以外からの入金は認めていません。

そのためアカウント登録時は必ず自分の氏名で登録を行い、入金の場合は自分名義のカードや口座を使うようにしましょう。

入金時に入力ミスがあった

入金時に入力のミスがあった

オンラインカジノの入金画面では、カード番号や名義、有効期限などの様々な情報を入力します。

当然ながら入力情報にミスがあった場合はカードが使えませんので、入金は失敗します。

特にスマホからカード番号を入力する際はミスが発生しやすいため気をつけましょう。

また仮想通貨で入金する場合、送金アドレスをミスすると資金が戻って来なくなる恐れもありますので、くれぐれも注意してください。

最大入金額を超えている

最大の入金額を超えている

入金したい金額が限度額を超えているため入金できないというケースで、具体的には以下の3パターンが挙げられます。

  • カードや電子決済の支払限度額を超えている
  • カジノ側が設定している入金金額を超えている
  • 自己規制の金額を超えている

カードや電子決済の支払限度額を超えている

クレジットカードの場合、利用限度額の範囲内でしか入金ができません。

デビットカード、Vプリカ、電子決済の場合は口座(カード)に入っている残高が入金の上限になります。

自分では限度額の範囲内だと思っていても、手数料を加えると限度額をオーバーしてしまうことがあります。

クレジットカードでドルを入金する際の為替手数料はカード会社によって違いますが、10%近く加算されたという事例もあります。

利用限度額ギリギリではなく、余裕を持って送金金額を設定するようにしましょう。

カジノ側が設定している入金金額を超えている

オンラインカジノによっては、一人が入金できる金額をあらかじめ制限している場合もあります。

入金をできるようにするには、再度入金ができるまで待つ、もしくはサポートに問い合わせをしてみましょう。

プレイ実績が長い場合はサポート側も対応してくれる可能性があります。

自己規制の金額を超えている

オンラインカジノでは、遊びすぎを防止するために自分で入金金額を規制することができます。

規制した金額を超えた場合、当然入金はできません。

制限は自分で変更ができますが、変更した金額が反映されるのは24時間後です。(ベラジョンカジノの場合)

多く遊びたい場合は前もって制限を変更しておくようにしましょう。

本人確認認証が終わっていない

本人確認認証が終わっていない

本人確認なしでもカジノで遊ぶこと自体はできますが、オンラインカジノでは原則として本人確認の認証が必要です。

オンラインカジノに登録をしてからずっと本人認証を行っていない場合、入金が制限される恐れがあります。

本人確認手続きは早めに行うようにしましょう。

クレジットカード側が送金を拒否している

クレジットカード側が拒否している

カジノの入金手段のうち、一番エラーが起きやすいのがクレジットカードでの入金です。

カード会社によってはオンラインカジノへの送金を規制している場合があるためです。

同じカードでも他のカジノでなら入金できるパターンもありますので、「このカードはオンラインカジノに向いていない」と断言することはできません。

クレジットカードで入金をしたい場合は、異なる会社のものを複数枚用意しておきましょう。

それでもダメならどうする?

それでもだめならどうする?

入金ができない理由は様々ですので、自分ではどれが原因なのか判断ができないことも決して珍しくありません。

ここまでで解説したことを確認しても問題が解決しない場合、カジノ側のシステムエラーや遅延で入金が反映されていない可能性もあります。

オンラインカジノのサポートに問い合わせを行い、確認をしてみてください。

自分にあった入金方法でお得にカジノをプレイしよう

オンラインカジノへ入金するためには様々な手段がありますが、入金にかかる時間や手数料はそれぞれ違うことが分かりましたね。

それぞれの手段のメリットとデメリットを踏まえ、自分が良いと思った入金手段を利用しましょう。

クレジットカードはスピーディで利用しやすいですが、手数料がかかる上不正利用を疑われることがあります。

登録の手間はかかりますが、オンラインカジノで本格的に遊ぶのであれば、エコペイズなどの電子決済を利用することをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました