【最新】オンラインカジノ総合ランキング! >>

ココモ法で大逆転も夢じゃない!?勝つためのコツを分かりやすく解説

ココモ法で勝つためのコツは?大逆転も夢じゃない!? カジノ攻略法

カジノにはいくつもの攻略法がありますが、ルーレットのように3倍の配当が期待できるゲームにおすすめなのが「ココモ法」です。

ココモ法は少ない資金で勝負でき、なおかつ簡単に覚えられるので、初心者にもおすすめの攻略法のひとつです。

ただし完璧な攻略法ではなく、利用するにあたっては気をつけなくてはいけないポイントがいくつかあります。

そこでここでは、ココモ法のメリットとデメリットをご紹介しながら、どのように活用すればいいのかなど、注意点を詳しく解説していきます。

\他の記事も見てみる/

カジノ攻略法一覧
攻略法まとめ オスカーズグラインド バーネット
グッドマン 31システム ウィナーズ
カウンティング ピラミッド 2 in 1
ダランベール パーレー モンテカルロ
マーチンゲール マンシュリアン ココモ

オンラインカジノ総合ランキング

このページでわかること

  • ルーレットで使える攻略法
  • 何連敗しても1回勝てば収支をプラスにできる
  • 損切りラインを決めてそれを守ることが勝ち続けるコツ

ココモ法は負けたら賭金を増やすマーチンゲール法から派生した攻略法で、3倍配当になるルーレットのダズンベット、もしくはカラムベットで利用できます。

何連敗しても1回勝つだけで損失を取り戻し、利益を出せるとても魅力的な賭け方になります。

ただし、連敗が長期化すると賭金が大きくなり資金不足になったり、テーブルリミットに引っ掛かったりして損失を回収できなくなります

そうならないためにも、きちんと損切りラインを明確にして、それを守りながらプレイする必要があります。

「ココモ法」って何?使い方を解説!

ココモ法は、負けたら賭金を2倍にしていくマーチンゲール法から派生したカジノ攻略法です。

連敗をしていても1回の勝ちで損失を取り返すことができるだけでなく、マーチンゲール法よりも多くの利益を生み出すことができます

ただし、配当が3倍のゲームでしか利用できないため、メジャーなカジノゲームですとルーレットの「ダズンベット」もしくは「カラムベット」でしか利用できません。

これについては後ほど詳しく解説しますが、利用できるゲームが少ないのがココモ法の特徴になります。

【画像アリ】ココモ法の賭け方は?やり方をチェック

ココモ方の賭け方は?やり方チェック

ココモ法は前回と前々回の賭金の合計を、次のゲームの賭金とします。

少しわかりづらいので具体例を見ていきましょう。

1ゲーム目 $1

2ゲーム目 $1

3ゲーム目 $2(1ゲーム目+2ゲーム目の合計)

4ゲーム目 $3(2ゲーム目+3ゲーム目の合計)

5ゲーム目 $5(3ゲーム目+4ゲーム目の合計)

まずは基準になるベット額を決めるのですが、ここでは1ドルとしています。

1ゲーム目と2ゲーム目に基準となる1ドルを賭けて、いずれも負けたときには3ゲーム目には前回と前々回の賭金の合計である2ドルを賭けます。

ここで負けたら、4ゲーム目には2ゲーム目と3ゲーム目の合計の3ドルが賭金になります。

このように負けるたびに賭金を増やしていくと、どこかで1回勝つだけでそれまでの賭金をすべて回収しつつも利益を得ることができます。

利益が確定したらリセットしますので、勝ったらまた1ドルからやり直します。

ゲーム数 賭金 賭金累計 結果 増減 損益
1 $1 $1 $0 -$1
2 $1 $2 $0 -$2
3 $2 $4 $0 -$4
4 $3 $7 $0 -$7
5 $5 $12 $10 $3
6 $1 $1 $2 $6

このように4連敗していても5ゲーム目に勝つことで、きちんと損失を取り戻して利益も発生しているのがわかってもらえるかと思います。

ここでは4連敗後の勝ちとしましたが、10連敗しても20連敗しても、1回勝てば必ず損失を取り戻すことができます

ここが止め時!ココモ法の損切りライン

ココモ法の 損切りライン

ココモ法はマーチンゲール法から派生したカジノ攻略法ですので、マーチンゲール法と同じ問題を抱えています。

それは連敗すると賭金が大きくなるということです。

マーチンゲール法ほどは膨れ上がりませんが、それでも連敗するとかなりの賭金になります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
賭金 $1 $1 $2 $3 $5 $8 $13 $21 $34 $55
累積 $1 $2 $4 $7 $12 $20 $33 $54 $88 $143

9連敗した場合の賭金は55ドルで、10連敗すると累積の損失が143ドルにもなります。

資金が潤沢にあるなら55ドルの賭金はそれほど痛くないかもしれませんが、14連敗すると15ゲーム目の賭金は610ドルまで膨れ上がります。

1ドル程度で遊んでいたのに、これが610倍にもなると心理的にも追い込まれてしまいますよね。

しかもそこで勝てるとは限りません。

資金が限られているなら、こうなる前にどこかで損切りをしましょう

ただ損切りラインは個々の予算や遊び方によっても変わりますので、明確な回数をアドバイスすることはできません。

一般的には「次に負けたら資金不足になる」というのがひとつの目安になります。

例えばカジノ資金を100ドルに設定していたとすると、9連敗すると10ゲーム目の賭金が不足します。

このため9連敗をする手前、8連敗が損切りラインとなります。

ここなら46ドル手元に残っているので、まだカジノで遊ぶことはできます。

ただし8連敗してから100ドルまで回復させるのが難しいので、トータルでのプラスを考えるなら、6〜7ゲームが損切りラインになります。

このように損をどこまで許容できるかで損切りラインが変わってきます

自分の予算や遊び方に合わせて、最適な損切りラインを見極めましょう。

ココモ法のメリットは「少ない資金で遊べること」

ここまでの説明で、ココモ法の全体像は把握できたかと思います。

それらを踏まえて、ここではココモ法にどのようなメリットがあるのかを解説していきます。

少ない資金で勝負できる

メリット1、少ない資金で 勝負できる。

ココモ法の最大のメリットは、資金が少なくても長く遊べることにあります。

マーチンゲール方ですと資金が少ないとあっという間に資金が尽きてしまいます。

ところがココモ法は賭金がゆっくりと増えていくので、10連敗しても損失は143ドルで済みます。

マーチンゲール法で10連敗すると1023ドルの損失になります。

もちろんそれぞれに連敗する確率が違いますが、10回のゲームで143ドル失うか、1023ドル失うかは大きな違いですよね。

しかもマーチンゲール法は10ゲーム目に勝っても1ドルしか利益がありません

ココモ法で10ゲーム目に勝てば22ドルの利益になります。

少ない資金で遊べて、しかも大きなリターンが期待できる

それがココモ法のメリットになります。

負けが多くてもトータルで勝てる

メリット2、負けが多くても トータルで勝てる。

カジノは勝率が高いほうが儲かると思っている人もいるようですが、ココモ法の場合には負けが多いほうが利益は大きくなります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
賭金 $1 $1 $2 $3 $5 $8 $13 $21 $34 $55
累積 $1 $2 $4 $7 $12 $20 $33 $54 $88 $143
収益 $2 $1 $2 $2 $3 $4 $6 $9 $14 $22

3連敗して4ゲーム目で勝ったときの収益は2ドルですが、9連敗して10ゲーム目で勝ったときの収益は22ドルもあります。

1勝3敗よりも、1勝9敗のほうが儲かるというのがココモ法の面白いところです。

自分のギャンブル運が悪くて、なかなか当てられないという人がココモ法を利用すれば、ギャンブルに強い人よりも稼げてしまうわけです。

もちろん十分な資金があることが前提になりますが、負けが多くても勝てるのがココモ法の魅力のひとつになります。

連敗したときに心理的な余裕ができる

メリット3、連敗したときに 心理的な余裕ができる。

連敗したほうが稼げるわけですから、これは心理的にもかなり有利な攻略法になります。

一般的に連敗は避けたいので、負けが続くと気持ちが滅入ってくるのですが、ココモ法を使った場合には、勝てば嬉しいですし負けたら利益が大きくなるという期待値が上がります。

健全な心理状態でギャンブルを続けられるので、熱くなりすぎず損切りもそれほど難しくなく淡々と行えます。

カジノ初心者は心の揺れ動きで負けてしまうことも多いので、慣れていない人には心理的な余裕ができることが1番大きなメリットになるかもしれません。

ココモ法のデメリットは利用できるゲームが限られること

ココモ法にはメリットが多く、初心者でもギャンブル運がない人でも稼ぐことができる攻略法ですが、すでにお伝えしましたように負け続けると賭金が大きくなるといったデメリットがあります。

他にもいくつかのデメリットがありますので、必ず頭に入れておきましょう。

3倍配当のゲームでしか利用できない

デメリット、3倍配当のゲーム でしか利用できない。

ココモ法を2倍配当のカジノゲームでも使えると紹介しているサイトもありますが、2倍配当で確実に利益を得られる条件が厳しく、実質的に3倍配当でしか利用できません

カジノゲームにはいろいろな種類がありますが、メジャーなゲームでできるのはルーレットのみです。

それもアウトサイド・ベットのダズンベット、もしくはカラムベットに限られています。

これらは当たれば配当が3倍ですので、ココモ法にぴったりですが、他のゲームでは使えません。

稼ぎたいだけならルーレットのテーブルにずっと座っていればいいのですが、ボーカーやブラックジャックもしてみたいですよね。

そういうときには別の攻略法を使わなくてはいけないので、汎用性に乏しいのがココモ法の1番のデメリットになります。

テーブルリミットに達すると負けを取り戻せない

デメリット、テーブルリミットに 達すると負け確定?!

すでにお伝えしましたように、ココモ法は連敗が続くと次のゲームの賭金が大きくなります。

オンライカジノやランドカジノでは、テーブルリミットが2,000ドル程度に設定されています。

最初の賭金を1ドルに設定していても18ゲーム目の賭金は2,584ドルになり、賭けることができなくなります。

こうなるともう負けを取り戻すことはできません。

どこかで損切りをするようにお伝えしていますが、損切りが必要な理由は賭金が大きくなりすぎるだけでなく、いずれテーブルリミットに引っ掛かって大損をしてしまうためです。

17連敗なんて絶対にしないと思うかもしれませんが、確率でいえば0.09%ですので、1000回に1回くらいの確率で起こります。

いくら豊富な資金があっても、テーブルリミットがある限り、ココモ法は完璧な攻略法にはなり得ないので注意してください。

連敗する確率が高い

デメリット、連敗する 確率が高い。

ココモ法は3倍配当のゲームで使うとお伝えしましたが、カジノにおいて3倍配当というのは当たる確率が1/3であることを意味します。

2倍配当のゲームの場合には当たる確率が1/2ですので、2倍配当のゲームよりも外れやすく、連敗する確率がかなり高いといったデメリットがあります。

17連敗する確率は0.09%とお伝えしましたが、2連敗する確率は44.44%、3連敗する確率は29.63%もあります。

10連敗する確率も1.73%あり、確率的には確実に「起こりうる」現象になります。

連敗したときに利益が大きくなるココモ法ですが、それでも負けが続くと気持ちが徐々に焦ってきます。

ココモ法を利用して稼ぎたいなら、まずは連敗に慣れるようにしましょう

【注意】ココモ法で勝負するときに気を付けること3つ

もうココモ法については、かない深いところまで把握できたかと思いますが、最後に実際にココモ法を使って勝負するときに気をつけるべきポイントを3つご紹介しておきます。

ヨーロピアンルーレットで勝負する

メリット1、少ない資金で 勝負できる。

ルーレットには0と00があるアメリカンルーレットと、0だけのヨーロピアンルーレットの2種類があります。

どちらかを選べるなら、ココモ法を使うときにはヨーロピアンルーレットを選びましょう。

それぞれのハウスエッジ(カジノの取り分)は次のようになっています。

アメリカンルーレット:5.26%(2/38)

ヨーロピアンルーレット:2.7%(1/37)

ルーレットは3倍配当を狙えますが、0や00が出れば賭金は没収され、それが5.26%もしくは2.7%の確率で起こるわけです。

その確率が低いほうが圧倒的に有利なのは言うまでもありません。

たった2.5%程度の差ですが、この差が運命を分けることもあります。

ココモ法で勝負するならヨーロピアンルーレットを設置しているオンライカジノやランドカジノでプレイしましょう。

損切りラインを必ず守る

注意点2、損切りラインを 必ず守る。

損切りラインの決め方をお伝えしましたが、大事なのはこの損切りラインを守れるかどうかです。

頭の中で損切りラインを守ることが重要だとわかっていても、実際に損切りをしなくてはいけない場面になると損切りできないのが人間です。

「次のゲームで勝てば取り戻せる」そう思うと、勝負してもいいかなと思ってしまいます。

損切りラインを無視して勝ってしまうと、それ以降は損切りラインを守らなくなりますし、負ければ立ち直れないくらい大きな損を負ってしまいます。

どんな言い訳もなしで1度決めた損切りラインは絶対に守ってください

それができないなら、カジノで遊ばないほうがいいというくらい重要なポイントになりますので、しっかりと頭に入れておいてください。

ルーレットの流れを把握して賭ける

注意点3、ルーレットの流れを 把握して賭ける。

ココモ法で大事なのはルーレットの流れです。

当たる確率が1/3とはいえ実際にはランダムで当たりが偏るのがルーレットです。

例えば30ゲームをしたときの結果が、次のようになったとします。

1-12:15回

13-24:6回

25-36:9回

このとき偏りは「1-12」にあり、「1-12」に賭けていれば50%の確率で当てることができます。

もちろん後からは何とでも言えるのですが、この偏りを感じてそこに賭けるというのが、ココモ法で稼ぐときに重要になってきます。

なんとなく偏っていると感じたらそこに賭けてみましょう

反対に「1-12」が5回連続続いたら、6連続の確率は低いので「13-24」か「25-36」に賭けるという考え方もあります。

このあたりは柔軟に考えて、次に出そうな目を予測しましょう。

何も考えずに賭けるのではなく、きちんと根拠を持って予測し、賭ける場所を選びましょう。

まとめ:配当が3倍のときのシンプルな攻略法

まとめ、配当が3倍のときの シンプルな攻略法。

ココモ法はマーチンゲール法から派生した、配当が3倍のゲームに使える攻略法になります。

実質的にルーレットでしか利用できないので汎用性がないというデメリットがあるものの、マーチンゲール法のように賭金が青天井で増えていかず、それでいて1回の勝ちでしっかり利益を得られます

それでも小さくコツコツ稼いでいくタイプの攻略法ですので、一攫千金を狙うのは難しいのですが十分な資金があれば、ほぼ損失が出ることもなく着実に利益を出せる賭け方で、初心者にもおすすめです。

ただし現実的には資金が限られていますし、テーブルリミットもあるので、すべてのゲームで勝とうとするのではなく、どこかで損切りする必要があります。

自分の資金や遊び方を考慮して、自分なりの損切りラインを決めましょう

1度決めたら、そのラインを越えないようにしてください。

また、連敗しやすい賭け方ですので、最初は負けが続くと不安になりますが、これは慣れるしかありません。

できるだけ多くココモ法で賭けてみて、連敗することで利益が多くなるという体験を積み、連敗を恐れず賭けられるようになるのを目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました