【最新】オンラインカジノ総合ランキング! >>

パーレー法で一攫千金!?少ない資金で一気に稼ぐための攻略法まとめ

パーレー法で一攫千金!一気に稼ぐ攻略法とは? カジノ攻略法

世の中にはいくつものカジノ攻略法がありますが、そのほとんどが資金を守りつつ小さくコツコツと勝ちを積み重ねていくものです。

せっかく積み重ねた勝ちも、たった1回の負けで失ってしまうこともありますし、ギャンブルというよりも作業に近くて面白くありません。

どうせカジノをするなら守るのではなく、攻めて一攫千金を狙いたい

そんな人におすすめのカジノ攻略法が「パーレー法」です。

勝てるかどうかは運次第ですが、あっという間に資金がどんどん増えていく攻略法

ここではそんなパーレー法の使い方やメリット・デメリットについてご紹介していきます。

\他の記事も見てみる/

カジノ攻略法一覧
攻略法まとめ オスカーズグラインド バーネット
グッドマン 31システム ウィナーズ
カウンティング ピラミッド 2 in 1
ダランベール パーレー モンテカルロ
マーチンゲール マンシュリアン ココモ

オンラインカジノ総合ランキング

このページでわかること

  • パーレー法は最短で大きく稼げるカジノ攻略法
  • 安定して稼ぐためには引き際が最も重要
  • マーチンゲール法を組み合わせるのがおすすめ

パーレー法は2倍配当のゲームで使える攻略法で、勝ったときの配当金を次のゲームの賭金とする賭け方になります。

連勝すると配当金が倍々で増えていきますが、1回でも負けると利益がすべて消えてしまいます

このため、安定して稼ぎたいなら引き際がとても重要です。

何連勝で止めておくかをあらかじめ決めておき、その引き際は必ず守るという強い意志が求められます。

また、パーレー法では資金がじわじわ減っていきます。

それをプレッシャーに感じるようなら、マーチンゲール法と組み合わせるのがおすすめです。

負けたときの損失はマーチンゲール法で回収しつつ、パーレー法でしっかりと稼ぎましょう。

「パーレー法」って一体何?最短で一攫千金を狙える超攻略法!

パーレー法・?超攻撃的な賭け方最短で一攫千金を狙える

パーレー法はカジノ攻略法の中では珍しく、超攻撃的な賭け方になります。

それでいて資金を失いにくいので、カジノ初心者にもおすすめの賭け方でもあります。

賭け方も難しいところがなく、勝ったゲームの次の賭金を2倍にするだけなので、経験も技術も必要ありません。

ただし成功する率がとても低いため、できるだけ勝率が高いゲームで利用する必要があり、基本的にはルーレットやバカラ、ブラックジャックなどの、配当が2倍のゲームで使用する攻略法になります。

パーレー法のやり方を解説!一瞬で覚えられます♪

パーレー法

パーレー法の使い方はとても簡単で、勝ったら賭金を2倍にします。

そんなことをしたら連勝すると資金が足りなくなるのでは?と思うかもしれませんが、心配は無用です。

2倍配当のゲームで使用し、勝ったときの配当金を次のゲームにつぎ込むだけなので、負けても最初の賭金しか失いません

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
賭金 $1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256 $512
配当 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256 $512 $1024

最初の賭金を1ドルにして、そこで勝てば配当の2ドルをそのまま次のゲームの賭金とします。

もし10連勝したら、賭金は1ドルなのに1,024ドルも手に入ることになります。

テーブルゲームで、このスピード感で配当が増える攻略法はありません。

ただし、1回でも負けるとそこまで勝ってきた利益は0ドルになります。

最初の賭金分の損失があるので、どこかで切り上げないと損失が積み重なって資金が尽きてしまいます

パーレー法に合ったゲームはどれ?3倍配当ゲームでも使える?

もっとスピーディに稼ごう!3倍配当ゲームでも使える?

パーレー法は2倍配当のゲームで使うとお伝えしましたが、なぜ3倍配当やそれ以上の配当のゲームで使えないのか疑問に思う人もいるかもしれません。

3倍配当なら勝ったときの配当が大きくなり、もっとスピーディに稼げますよね。

それでも2倍配当のゲームでしかおすすめしない理由は、ゲームの連勝率にあります。

2倍配当のゲームと3倍配当のゲームで連勝率がどれくらい違うのか見ていきましょう。

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2倍 50% 25.0% 12.5% 6.3% 3.1% 1.56% 0.78% 0.39% 0.20% 0.10%
3倍 33.3% 11.1% 3.70% 1.23% 0.41% 0.14% 0.046% 0.015% 0.005% 0.002%

2倍配当のゲームでは5連勝する確率が3.13%あるのに対して、3倍配当のゲームでは0.412%しかありません。

3倍配当は連勝するのが難しく、パーレー法で稼ぎにくいというのもあって、2倍配当のゲームで利用するのが一般的です。

もちろん3倍配当のほうが資金の増え方が早く、2倍配当ほど連勝する必要はないので、絶対に使ってはいけないわけではありません。

より大きく勝ちたいなら3倍配当のゲームで使ってみるのもいいでしょう。

パーレー法に適したゲーム

  • ルーレット(赤黒・奇数偶数・ハイロー)
  • バカラ
  • ブラックジャック

パーレー法のメリットは資金が少なくても稼げること

パーレー法のメリットは資金が少なくても稼げること

パーレー法の魅力は一攫千金を狙えることにありますが、多くの人が使っているのには他にもメリットがあるためです。

どのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

少ない資金で大きく稼げる!

パーレー法は最初の賭金を倍々に増やしていきますので、他の攻略法のように大きな資金が必要ありません

例えばマーチンゲール法では負けるたびに賭金を増やしていくので、1ドルを賭けて9連敗すると、10ゲーム目に挑戦するのにトータル1,023ドルの資金が必要になります。

しかもそこで勝っても1ドルしか手に入りません。

これだけの資金が必要なのに勝っても1ドルの利益しかないのです。

ところがパーレー法は何ゲーム目でも、自分の持ち出しになる賭金は変わりません。

負ければ賭金が失われますので、さすがに1ドル札1枚だけ握りしめてカジノに行くというわけにはいきませんが、30ドルあれば、少なくとも30回ゲームを楽しめます。

このように資金が少なくても一攫千金を目指せるというのが、パーレー法の1番のメリットになります。

短時間で一気に稼げる

パーレー法は他のカジノ攻略法のように、コツコツ稼ぐのではなく運を味方にして一気に稼ぐ攻略法になります。

どれくらい稼ぎたいかにもよりますが、資金が100ドルで1ドルずつ賭けるとして、最短7ゲームで資金が倍になります。

1ゲームに1分かかったとしても、たった7分で資金が倍になるわけです。

1ドルの賭金でここまで稼げる方法は他にはありませんよね。

もちろん最初から100ドル賭ければ1ゲームで資金が2倍になりますが、負ければそこで終わります。

まだゲームを続けることができ、何度も稼げるチャンスがやってくるのもパーレー法の魅力のひとつです。

損失が少ないので初心者向き

パーレー法は1回の損失を小さくでき、さらに損失を自分の意思でコントロールできるので、カジノに慣れていない初心者にも最適です。

1回の賭金が1ドルで資金が100ドルなら、100回も挑戦できます。

他のカジノ攻略法だと、そんなにも多くの回数をプレイすることはできません。

初心者が苦手とする損切りの必要がないのも、パーレー法の魅力です。

損を引きずることもなく次のゲームに移行できるので、ストレスなくカジノを楽しめます。

パーレー法のデメリットは欲張れないこと

メリットの多いパーレー法ですが、残念ながらデメリットももちろんあります。

どのようなデメリットがあるのか、こちらも詳しく見ていきましょう。

欲張ると利益がすべて消えてしまう

パーレー法のデメリット、欲張ると利益がすべて消えてしまう

パーレー法で稼ぐには勝ち続ける必要があります

いかに連勝を伸ばすかがポイントですが、欲張って「もう1ゲーム」とした結果、そこまで積み重ねてきた収益をすべて失ってしまうことも珍しくありません。

10連勝しても最後に1敗したら収益はマイナスです。

だからといって3連勝くらいで切り上げたら利益が小さすぎて、トータルでマイナスになってしまいます。

このあたりのさじ加減が難しいのがパーレー法のデメリットになります。

連勝できないと稼げない

パーレー法のデメリット、連勝できないと稼げない

連勝率についてはすでにお伝えしましたが、パーレー法で1番難しいのは「連勝をすること」です。

連敗をするのは簡単なのに、連勝をするのは難しい。

これがギャンブルの面白いところではありますが、とにかく連勝しなくては稼ぐことができません

このため流れの悪いときには賭けないで、流れが良いときに賭けるといった判断も求められます。

自分に流れがきていて連勝できそうなときにはどんどん攻めて、勝てない流れなら賭けずに待つことも必要になってきます。

テーブルリミットまでしか賭けられない

資金が100ドル程度なら1ドルずつ賭けるのが理想ですが、資金が1,000ドルあるなら、10ドルスタートすることで、勝ったときに10倍もの利益を得ることができます。

1ドルスタートで5連勝しても32ドルにしかなりませんが、10ドルスタートなら320ドルにもなります。

資金が大きければ大きいほどスタートの賭金を上げることができますが、そのときに問題になるのがテーブルリミットです。

どのゲームもテーブルリミットといって最大賭金が決められていて、それ以上の金額を賭けることができません。

例えばテーブルリミットが2,000ドルのルーレットで遊ぶ場合、10ドルスタートだと7ゲーム目までしか賭けられません。

資金が大きすぎるとこのように、テーブルリミットに引っ掛かって稼げる金額の上限にすぐに達してしまうというデメリットがあります。

パーレー法を使う際の注意点4つ

ここまでの説明でパーレー法の特徴について把握してもらえたかと思いますが、この状況でいきなり実践するとなると、ほとんどの人が資金を失ってしまいます。

実はパーレー法で稼ぐには賭け方だけでなくいくつかのコツがありますので、最後にそのポイントを解説しておきます。

パーレー法で稼ぎやすいゲームで使う

パーレー法を使う際の注意点、パーレー法で稼ぎやすいゲームで使う

パーレー法で大事なのはゲーム選びです。

すでにお伝えしましたように、2倍配当のゲームで利用するのが必ず守ってもらいたいポイントになります。

3倍配当で使っても構いませんが、まず間違いなく資金がゼロになるので、資金を失ってもいいときだけにしましょう。

またブラックジャックやバカラよりも、ルーレットのほうがパーレー法に向いています。

ブラックジャックやバカラなどのカードゲームは、1度出現したカードは使われないので、カウンティングでもしないかぎり、負けやすい条件に賭けてしまうことがよくあります。

そういう意味で、パーレー法はルーレットのように独立事象で、前回の結果が今回に影響しないゲームでの使用がおすすめです。

勝ち逃げのタイミングを決めておく

パーレー法を使う際の注意点、勝ち逃げのタイミングを決めておく

パーレー法を使う上で最も重要なのが、どこで勝ち逃げするかということです。

欲張ったら利益がゼロになるとお伝えしましたが、ある程度は欲張らないと稼ぐこともできません。

どこを引き際にするかは個々の戦略によって違いますが、大事なのは1度決めたタイミングは絶対に守るということです。

4連勝でストップすると決めたら、必ず4連勝でリセットして最初からやり直しましょう。

簡単そうに思えますが、実はこの決めたラインを守るというのが心理的に1番難しく、稼げる人と損をする人の分かれ目でもあります。

もちろんゲームの途中で流れがいいと感じたらラインを上げたり、全然連勝できそうになかったらラインを下げたりしても構いません。

ただゲームが始まってから変更するのはNGです。

自分の判断を信じて、決めたラインで勝ち逃げしましょう。

自分に流れが来るまで焦らずに待つ

パーレー法を使う際の注意点、自分に流れが来るまで焦らずに待つ

連勝できるかどうかは100%運で決まります。

このため、流れが悪いときにいくら賭けても、連勝できずに賭金がゆっくりと削られていきます。

大抵の人は20〜30回くらい挑戦して勝てないと嫌になってしまいますが、パーレー法で稼ぎたいなら流れが来るまでじっくり待ちましょう

4連勝する確率は6.3%あり、理論上は14〜15回に1回は4連勝できますが、その通りにならないのがギャンブルです。

勝ち負けに必ず偏りができますので、自分が勝てる流れが来るまで焦らず粘って賭け続けましょう。

マーチンゲール法と組み合わせて使おう

パーレー法を使う際の注意点、マーチンゲール法と組み合わせて使おう

パーレー法は決めた回数の連勝をしないと最初の賭金を失ってしまいます。

1ゲームで失う賭金はわずかでも、繰り返し失ってしまうと焦ってしまいます。

そこでこの賭金をきちんと回収する攻略法が生み出されました。

それがパーレー法とマーチンゲール法の組み合わせです。

  • 勝ったらパーレー法
  • 負けたらマーチンゲール法
  • 決めた連勝数になったらリセット

この方法で賭けると、最初の賭金を失うことなくゲームを続けられます。

回数 手法 賭金 結果 損益
1 $1 $1
2 パーレー法 $2 $3
3 パーレー法 $4 -$1
4 マーチンゲール法 $1 -$2
5 マーチンゲール法 $2 $0
6 パーレー法 $1 $1
7 パーレー法 $2 $3
8 パーレー法 $4 $7

このサイクルでは2ゲーム目に連勝したものの、3ゲーム目で負けてしまいました。

パーレー法だけですと1ドルの損失が発生しますが、ここでマーチンゲール法に切り替えることで5ゲーム目に損失を取り戻し、8ゲーム目に4連勝を達成して7ドルの収益(配当は8ドル)を得ています。

このように損失を最大限に減らしながらもじっくり稼ぐ、それがパーレー法とマーチンゲール法の組み合わせになります。

ただしマーチンゲール法で必ず回収できることが前提になっていますが、マーチンゲール法で負け続けると賭金が大きくなり資金が不足したり、テーブルリミットに引っ掛かったりすることもあります。

思ったよりも早く退場させられるようなことにならないよう注意しましょう。

まとめ:運の良さを活かして一攫千金を狙う攻略法

パーレー法は2倍配当のゲームに使えるカジノ攻略法で、勝ったときの配当金をすべて次のゲームに賭ける強気の攻略法になります。

賭金が倍々で増えていくので、連勝することで大きな配当金を手にすることができるため、短期間に資金を何倍にもできるといった魅力があります。

また利益を出すためのサイクルの途中で自分の資金を追加することがないので、負けたときの損失も少なく、長時間カジノを楽しむこともできます。

難しいのは引き際の見極め方で、これを間違えるとまったく稼げなくなります。

賭ける前に決めた引き際は絶対に守るようにして、あとは流れに応じて賭ける前に引き際を変更するなど、効率よく稼ぐための工夫が求められます。

基本的には資金がじわじわ減っていくのを見ていることになるので、これに耐えられないという人は、マーチンゲール法と組み合わせてみて下さい。

損失を出さないようにしながら、着実に利益を積み重ねていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました