【最新】オンラインカジノ総合ランキング! >>

プノンペンで遊べるカジノは1か所だけ!プノンペンカジノの遊び方を解説

プノンペンで遊べるカジノ 世界のカジノ

あまり知られていませんが、アンコールワットなどの観光名所で知られるカンボジアは、アジアでも有数のカジノ大国です。

ただしカジノの多くが国境の町にあり、首都プノンペンで遊べるカジノは「ナガワールド」だけとなっています。

大規模なカジノにもかかわらず、とても敷居が低くて初心者でも楽しめるカジノですが、遊ぶときには気をつけなくてはいけないポイントがいくつかあります。

そこでここでは、プノンペンのカジノの特徴と、遊ぶときの注意点などを詳しく解説していきます。

↓タップで詳細にジャンプ↓
プノンペンでここだけ!ナガワールド プノンペンのカジノで注意すること

オンラインカジノ総合ランキング

このページでわかること

プノンペンに着いた!カジノで遊ぶぞ~!

どこに行くかワクワクするねっ!

ご、ごめん…プノンペンのカジノって、1か所だけなんだ…

えぇっ!?知らなかった…!

  • プノンペンにあるカジノは「ナガワールド」だけ
  • 年齢確認もドレスコードもなく緩く遊べる
  • 安全を重視してホテルを選ぶ

カンボジアにはカジノタウンがいくつかあり、世界有数のカジノ大国ですが、首都プノンペンにある政府公認カジノは「ナガワールド」しかありません

本場のカジノにも見劣りしないくらいの立派なカジノですが、年齢確認もドレスコードもなく気軽に出入りできるのが特徴です。

プノンペンのカジノ内はとても安全ですが、カジノの外はかなり危険で、カジノ帰りの人を狙って強盗している人もいます。

安全に遊びたければナガワールドのホテルに宿泊するか、セキュリティの高い高級ホテルに宿泊し、ホテルとカジノ間の移動にはタクシーを使う必要があります。

そもそもプノンペンって、どの辺にあるの?

成田からの直行便だとプノンペン国際空港に着くんだけど、そこから市街地まで30分くらいね!

カンボジアの中でも比較的南部にあって、最近はかなり都会化が進んでいるのよ♪

プノンペンは日本からの直行便があり、成田空港から6時間20分でプノンペン国際空港に到着します。

空港からプノンペン市街地まではとても近く、バスやタクシーを使えば30分でカジノがある市街地の中心部まで行けてしまいます。

近年、発展が著しいプノンペンには王宮やワット ・プノンなど観光スポットがいくつもあり、ディープなアジアが好きな日本人が多く訪れていますが、残念ながら治安という意味では安全とは言い切れず自分の身は自分で守る必要があります。

このようなプノンペンのカジノで遊ぶというのは、実はそれなりにリスクのあること。

そのリスクについては後ほど詳しく解説するとして、まずはプノンペンのカジノで知っておくべき基礎知識について詳しく解説していきます。

カジノに入場するための年齢制限

年齢確認はないが子供連れはNG

プノンペンのカジノで遊べるのは18歳以上となっています。

カンボジアの成人年齢が18歳になっているためで、18歳未満はカジノに入場することはできません。

ただし、カジノでの年齢確認がないので、入場しようと思えばできないこともありません。

とはいえ、あまりにも若く見える場合には、入口で止められてしまうこともあるので、カジノに行くときにはパスポートを携帯しておきましょう

もちろん親が同伴でも18歳未満は入場できません。

家族でプノンペン旅行に行く予定という人は、子ども連れでカジノ遊びはできないのでご注意ください。

気をつけるべきドレスコード

ドレスコードは場所によってまちまちだよね。

他の国だと「襟付きシャツでないとダメ」なんて所もあったけど、プノンペンのカジノはどうかな?

プノンペンはかなり緩くて、ラフな服装でも入れちゃうの!

プノンペンのカジノは、おそらく世界でも1番ドレスコードが緩いかもしれません。

Tシャツに短パン、サンダルという格好でも止められることはありません。

観光の途中で涼むためにふらっと立ち寄れるのが魅力です。

ただしカジノ内の冷房が効いているので、人によってはかなり寒く感じてしまいます。

ドレスコードはなくても薄手の上着を1枚持っておくと安心です。

ドレスコードではありませんが、サングラスや帽子、大きなカバンなどは不正防止のために禁止されています。

大きな荷物がある場合には、入口で預かってもらいましょう。

できれば最初からホテルに置いていくことをおすすめします。

プノンペンのカジノで使える通貨

カンボジアの現地通貨はリエルですが、カジノで使われている通貨は米ドルです。

プノンペンのお店の多くで米ドルが使える(米ドルしか使えないお店もあります)ので、ローカルなお店巡りをしないのであれば、両替所ではカジノ資金も観光資金もまとめて米ドルに両替しておくといいでしょう。

両替は市街地にある両替所で行うのがレートは良いのですが、カジノ資金を両替するとなると高額になるので、不特定多数に見られている市街地は避けておきたいところ。

平日であればセキュリティもしっかりしている銀行で両替しましょう。

カジノ内にも両替所がありますが、レートが良くないので高額な両替にはおすすめしません。

少し遊ぶ程度でレートの差が気にならないときに利用しましょう。

またカジノで1万ドル以上勝った場合には、これを海外に持ち出しするのに申請が必要になります。

幸運にも1万ドル以上も勝てた場合には、きちんと税関で申請した上で帰国しましょう。

ちなみに1万ドル以上の持ち込みも申請が必要なので、大勝負する人は気をつけてください。

プノンペンのおすすめカジノ

プノンペンにある政府公認のカジノはナガワールドのみとなっています。

違法カジノなどがいくつもありますが、摘発の対象になっており、リスクしかないので、プノンペンでギャンブルをしたい場合には、ナガワールドを利用しましょう。

プノンペン唯一のカジノ「ナガワールド」

ナガワールドの動画を見たけど、凄く大きいホテルだね!

カジノの中身もスゴそう~!

300以上のテーブルゲーム、2500台以上のスロット…!

ナガワールドはナガワールド ホテル&エンターテイメント コンプレックス内にあるプノンペン唯一のカジノです。

カジノだけでなくナイトクラブやカラオケなどもあり、ホテルには日本食レストランや韓国料理の人気店、フードコートなども併設されています。

テーブルゲームは300、スロットは2500台以上と、本場のカジノと同等の規模があり、24時間営業で、プノンペン滞在中はいつでもカジノを楽しむことができます。

テーブルゲームのミニマムベットは10ドルからとやや高額ですが、スロットやルーレットはもっと低予算で遊べます。

スロット中心なら予算100ドル、テーブルゲームに挑戦するなら300ドルあれば十分に楽しめるので、資金があまりないという人や、カジノに慣れていない初心者にもおすすめです。

もちろんハイリミットベットのテーブルもあるので、あまりおすすめはしませんが、大きく勝負することも可能です。

住所:Samdech Techo Hun Sen Park Phnom Penh

営業時間:24時間

プノンペンでカジノを楽しむためのポイント

ナガワールドはセキュリティがしっかりとしているので、カジノで遊んでいるだけならトラブルに巻き込まれることもありませんが、プノンペンの治安が悪いというのもあって、カジノを安全に楽しむためにはいくつかの注意点があります。

どのようなポイントに気をつければいいのか、詳しく見ていきましょう。

カジノの外は治安が悪いので気をつける

プノンペンって、結構治安が悪いんだね…

ホテルの中はもちろん安全なんだけど、外はね…

施設が充実してるから、無理に外に出る必要はないかも?

プノンペンで気をつけなくてはいけないのが治安です。

カジノで遊んでいる人を狙って強盗をしている人もいて、裕福な人が標的になっています。

日本人だというだけでお金持ちというイメージがあるので、カジノからホテルへの移動中に襲われてしまうこともあります。

安全を優先して、カジノで遊びたいならナガワールドのホテルを利用しましょう。

ナガワールドのホテルも安い部屋なら1泊5,000円程度で泊まれます。

市街地にはもっと安いホテルがありますが、安全を買うと思えばそれほど悪い金額ではないはずです。

ただし予約が取りにくいホテルでもあるので、他のホテルに泊まるならセキュリティがしっかりしているホテルを選び、カジノとホテルの移動にはタクシーを使ってください

夜中に1人で歩いてホテルに帰るのは絶対にNGです。

カジノで大きく勝たないというのも重要です。

かなりの高額な利益を出した人が狙われて殺害されると言った事件が発生したこともあります。

カジノでは一攫千金を狙わずに、程々に儲けたらそこで切り上げてホテルに戻りましょう。

パスポートは所持しておく

カジノではパスポートのチェックはありませんが、いつどのようなタイミングで必要になるかは分からないのがプノンペンです。

スリや盗難等の被害に合いたくないからといって、ホテルにパスポートを保管しているといざというときに困ります(そもそもホテルも安全ではありません)。

プノンペン滞在中は、いつもパスポートを肌身離さず持っておきましょう

ただし、財布などと一緒にすると盗難にあったときに困りますので、セキュリティポーチを使ってパスポートは別にしておいてください。

念の為コピーを数枚、カバンや財布に入れておきましょう。

カジノでの写真撮影はNG

YouTubeの動画でも、カジノの撮影をしようとして止められた人を見かけたよ!結構厳しいんだね

カジノで遊んでいる人の顔が映っちゃう可能性があるし、場合によってはイカサマに使われることもあるからね。

基本的には撮影NG!

もしどうしても撮りたいなら、スタッフに聞いてみてね

カジノはプノンペンに限らず、原則としてゲームフロアでの撮影が禁止されています。

カジノで遊んでいる人たちのプライバシーを守るためでもあり、ゲームの不正行為を防止するためでもあります。

このため、写真撮影ではなくスマホ操作をしているだけでも注意されることもあります。

華やかなカジノで遊んでいるところをSNSなどにアップしたくなるかもしれませんが、撮影はカジノの入口など、ゲームフロア以外で行いましょう。

ただし大きく勝ったときなどの記念撮影であれば、撮影を許可してくれることもあります。

まずはカジノのスタッフに確認し、OKであればスタッフにカメラやスマホを渡して撮影してもらいましょう。

そうすれば他の利用者が写り込まないように、上手に撮影してもらえます。

まとめ:ドレスコードも年齢確認も緩い政府公認カジノ

カジノ大国のカンボジアですが、首都プノンペンには「ナガワールド」しかカジノはありません

ドレスコードがほとんどなく、Tシャツに短パンでも楽しめるなど気軽さが魅力のカジノで、入口でのパスポートチェックもありません。

そんな緩いカジノでありながらも、本格的な勝負も出来るので一攫千金を狙うことも可能です。

ただし大きく勝ちすぎると、現地の人に尾行されて強盗に合うことも珍しくなく、安全に関しては徹底して意識する必要があります。

ホテルは「ナガワールド」のホテルを使い、それが難しい場合には必ずタクシーを利用して移動しましょう。

ホテルが近くにあっても夜中に街を1人で歩くのは絶対にNGです。

また、勝ちすぎないことも重要です。

目を付けられないように、ほどほどの勝ちで引き上げましょう。

安全に気を使ってさえいれば、マカオなどの本場のカジノと同じように楽しむことができます。

せっかくの旅行が台無しにならないよう、そこだけは徹底して意識して、プノンペンでのカジノを安全に楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました