トランプで遊べるギャンブルまとめ!カジノで人気のトランプゲーム一覧

トランプで遊ぶギャンブルまとめ ギャンブル全般

カジノで人気のトランプギャンブル

対人ゲームならではの駆け引きが面白く、ギャンブルとしてだけではなく、シンプルにカードゲームとしても世界中で人気があります。

シンプルなカードゲームですので、ゲームの種類が多いのも魅力のひとつです。

ただし、ギャンブルとして考えたときには、勝率を上げるために自分に適した種類のゲームを見つける必要があります。

そこで、ここでは勝ちやすいトランプギャンブルの種類や、ゲームに勝つためのコツを詳しく解説していきます。

このページでわかること

勝ちやすいトランプギャンブル

  • トランプギャンブルは還元率が高い
  • 必勝法を学んで勝率を上げる
  • 稼ぐために相性のいいゲームを見つける

トランプギャンブルにも色々な種類がありますが、共通しているのは還元率が高いという点です。

還元率が99%を超えるゲームもあり、必勝法を学んで還元率の高いゲームと組み合わせることで、初心者でも稼げるようになります。

また、自分との相性のいいゲームを見つけることも稼ぐために必要なことです。

勝ちやすいゲームが見つかれば、コツコツ勝ち続けることで最終的に大きな収益とすることも可能です。

まずは自分が勝てるトランプギャンブルを探すところから始めましょう。

初心者向けのトランプギャンブル3選

初心者におすすめトランプギャンブル

それではまず初心者におすすめの、トランプギャンブルを3種類ご紹介していきます。

ここでご紹介するゲームは攻略法などがインターネット上にいくつも掲載されており、勝つためのコツをつかみやすく、初心者でも短期間で勝てるようになります。

判断力が求められる「ブラックジャック」

ブラックジャックはディーラーが配ったカードの合計が「21」になるのを目指すゲームです。

対戦スタイルとしては「ディーラー対プレイヤー」という構造になっていますが、カジノなどでは複数人のプレイヤーが同時にゲームに参加します。

最初に2枚のカードが配られ、プレイヤーは「21」を超えない限り何枚でもカードを引くことができ、ディーラーは「17」を以上になるまでカードを引き続けます。

合計が「22」以上になることをバーストと呼び、自動的に負けとなります。

このため、次のカードを引くかどうかの判断が勝敗を決することになります。

引かないと相手よりも低い数字になって負ける可能性があり、引くとバーストして負けてしまう可能性がある。

この判断力が求められるゲームがブラックジャックです。

カジノの王様「バカラ」

カジノの王様「バカラ」

バカラはカジノの王様とも呼ばれるトランプギャンブルで、架空の人物「プレイヤー」と「バンカー」のどちらが勝つのかを当てるゲームです。

プレイヤーとバンカーの勝敗は、配られたカードの数値を合計したときの下1桁が「9」に近いほうが勝ちとなります。

最初にそれぞれに2枚のカードが配られて、ルールで決められた条件に従って追加でカードを引いたり、引かなかったりします。

この条件がかなり複雑ですが、決められた通りにディーラーがカードを追加するだけですので、参加者はそれほど気にする必要はありません。

コインを投げて裏表を当てるだけのような、とてもシンプルな運だけで勝敗が決まるゲームですが、お金の賭け方によってトータルでの損益が変わってくるので、実は戦略性も求められる奥が深いトランプギャンブルのひとつです。

世界中で愛されるトランプギャンブル「ポーカー」

ポーカーは世界大会が開かれているほど人気のギャンブルですが、日本で知られているポーカーとは少しルールが違います。

日本では最初に配られた5枚のカードを交換しながら役を作っていくドローポーカーですが、カジノの世界では「テキサスホールデム」が主流です。

テキサスホールデムでは5枚のコミュニティカード(共通カード)に自分の2枚の手札を組み合わせて役を作ります。

役が強い人が勝つというのが基本ですが、ポーカーでは「フォールド」といって、損失を減らすためにゲームを途中で降りることができます。

このため自分の手役が強いように見せかけて、相手をフォールドさせるといった駆け引きが行われます。

運だけでなく、相手の手札を読んだり、心理戦をしかけたりできるので、高度な技術が求められるのがポーカーの魅力になります。

慣れてきたら挑戦して欲しいトランプギャンブル6選

慣れてきた人向けトランプギャンブル

カジノやオンラインカジノで行われているトランプギャンブルは、ブラックジャックやバカラといったメジャーなゲームだけではありません。

他にも魅力のあるゲームが行われていますので、ある程度ギャンブルに慣れたら他のゲームも楽しんでみましょう。

賭け方がポイント「スーパーファンタン」

スーパーファンタンは、12枚のカードの合計を4で割ったときの余りの数字を予想して当てるゲームです。

例えば合計が43だった場合には、余りが「3」になるので、「3」に賭けていると配当金がもらえます。

最近はゲーム時間を短縮するために12枚ではなく6枚の合計とするケースもありますが、基本的な考え方は同じです。

余りの数字を当てるだけでなく、奇数か偶数かを当てる賭け方や、合計数が半分よりも大きいか小さいかを当てる賭け方もあります。

ディーラーはカードを配るだけで駆け引きがありませんので、完全な運で決まるゲームになります。このため、勝ち続けるためには賭け方を工夫するか、自分の運に頼るしかありません。

シンプルで初心者向き「ドラゴンタイガー」

ルールがシンプル「ドラゴンタイガー」

ドラゴンタイガーはバカラの追加カードがないバージョンです。

ドラゴンとタイガーそれぞれに1枚ずつカードが配られて、カードの数字が大きいほうが勝ち。

参加者はドラゴンとタイガーのどちらが勝つかを予想して当てます(引き分けを予想してもOK)。

バカラと同じくディーラーとの駆け引きがなく、ディーラーもカードを引くだけですので、勝てるかどうかは100%運次第です。

何も考えずにゲームを続けていくと、資金がじわじわと減ってくるので、勝ち続けるにはマーチンゲール法やパーレー法などを使う必要があります。

賭け方がバカラよりも豊富で、ゲームのルールそのものはシンプルなので、ドラゴンタイガーはバカラが難しいと感じた人におすすめのトランプギャンブルです。

オンライカジノで人気「レッドドッグ」

レッドドッグは実際のカジノよりもオンラインカジノで人気のトランプギャンブルです。

ルールはとても簡単で、3枚のカードを使って行われます。

まずディーラーが2枚のカードをオープンにし、プレイヤーは3枚目のカードがオープンにされた2枚のカードの間に入るかを予想して当てます。

例えば最初のカードが「3」と「10」だったとして、3枚目のカードが4〜10になっているかどうかを予想します。

この2枚のカードの間の数字が小さいほど配当が大きくなり、2枚のカードが同じ数字で、さらに3枚目も同じ状態を「レッドドッグ」と呼び配当が12倍になります。

ルールはシンプルですが、賭け方によってトータルの勝ち負けが変わってきます。

運だけでなく思考力も求められるので、初心者を卒業して次のステップに進むときに挑戦してもらいたいトランプギャンブルです。

新しいトランプギャンブル「カジノウォー」

テンポの良さが魅力「カジノウォー」

カジノウォーは比較的新しいトランプギャンブルで、1990年代の後半に始まったとされています。ルールはシンプルで、ディーラーとプレイヤーそれぞれにカードが1枚ずつ配られ、ディーラーよりも強いカードを引けば賭金が2倍になります。

カードの強さは数字の大きさで決まりますが、ポーカーと同じく1番強いカードは「A」になっています。

同じ数字だった場合には、賭金の半分を払って降りる(サレンダー)か、最初に賭けた金額の同額を払って再び挑戦する(ウォー)かを選びます。

考える必要がほとんどないので、テンポの良さが魅力のトランプギャンブルです。

ギャンブルに慣れて十分な資金があり、どんどん勝負していきたいという人におすすめです。

バカラの発展型「スリーピクチャーズ」

スリーピクチャーズはバカラから派生したゲームで、参加者は「プレイヤー」と「バンカー」のどちらが勝つかを予想して当てます。

バカラと違うのは必ず3枚配られるということと、絵札に意味があるということ。

配られたカードの合計の下1桁が「9」に近いほうが勝ちなのは同じです。

「J・Q・K」の3枚の数字が「0」としてカウントされますが、手元の3枚すべてが絵札の場合には「スリーピクチャーズ」という役になり、この場合は無条件で勝ち。

また数字の合計が同じだった場合には、含まれている絵札が多いほうの勝ちとなります。

他にもカードの組み合わせに役があり、勝ち負けだけでなく役があるかどうかも含めて賭けられます。

基本的にはバカラと同じ運が左右するゲームですが、賭け方が豊富でゲーム性が高いといった魅力があります。

必勝法が使える!「サボンカード」

必勝法が使いやすい「サボンカード」

サボンカードはタイガードラゴンに似ているトランプギャンブルで、「メロン」もしくは「ワラ」と呼ばれる架空の人物が引いたカードのどちらが強いかを予想して当てるゲームです。

タイガードラゴンとの違いは「A」が1番弱いという点と、カードのマークにも強さがあります。

タイガードラゴンは同じ「3」ならハードでもスペードでも強さは同じですが、サボンカードでは「スペード>ハート>クラブ>ダイヤ」の順になっています。

同じ数字で同じマークのカードが出たら引き分けとなり、チップが戻ってくるのもサボンカードの特徴です。

カジノ側の利益となるハウスエッジがないので、マーチンゲール法やパーレー法といった必勝法を使いやすいのがサボンカードをおすすめする理由になります。

トランプギャンブルの還元率

トランプギャンブル勝つための3つのコツ

どんなギャンブルをするにしても、必ず頭に入れておきたいのが還元率です。

還元率は胴元が集めたお金に対して、どれだけ配当するのかを示したもので、例えば参加者の賭金の合計が100万円で、配当金が90万円だとすると、還元率は90%ということになります。

では10万円はどこに行くかというと、胴元の利益になるわけです。

どんなギャンブルでも運営するのに従業員の給料を払ったり、システムを維持するのにお金がかかったりするので仕方がないのですが、還元率が低いギャンブルほどトータルで勝つのが難しくなります。

競馬や競輪などの公営ギャンブルは還元率が70〜80%となっており、パチンコはそれよりも高い80〜90%に設定されています。

ではトランプギャンブルはどうでしょう?

実はトランプギャンブルの還元率はとても高く、ゲームによっては還元率が99%以上となっているものもあります。

サボンカードはハウスエッジが0ですので、なんと還元率は100%

このようにトランプギャンブルは還元率の高さが魅力となっています。

もちろん勝たないことには配当を手にすることはできませんが、バカラのように運だけで結果が決まるゲームなら、誰でも簡単に勝利を味わえます。

また他のゲームでも勝ち方のコツがありますので、次章ではその方法について詳しく解説していきます。

トランプギャンブルで勝つためのコツ

トランプギャンブル勝つための3つのコツ

トランプギャンブルは還元率の高さが魅力ですが、ゲームに勝てなければいくら還元率が高くても資金が減っていくだけです。

ギャンブルでしっかりと稼ぐためには、還元率が高いギャンブルで安定して勝つことが重要になります。

  • ゲームごとの必勝法を覚える
  • 自分と相性のいいゲームを探す
  • 勝ち逃げする

トランプギャンブルで勝ち続ける方法はこの3つです。

どのゲームにも必勝法というものがあり、その方法を覚えることが勝ちへの近道になります。

バカラのように50%の勝ち負けが決まるゲームなら、マーチンゲール法やパーレー法といった古典的な必勝法を使うのがおすすめです。

マーチンゲール法

負けた次のゲームで賭金を2倍にしていく必勝法

パーレー法

勝った次のゲームで賭金を2倍にしていく必勝法

ただ、いずれの方法も100%儲かるわけではありません。

まずはできるだけ多くの種類のゲームを試してみて、勝率が高い相性のいいゲームを探しましょう。ゲームをしながらデータ収集を行って、勝ちやすいゲームを見つけてください。

勝ちやすいゲームと必勝法を組み合わせれば、ギャンブルで安定して勝てるようになります。

ただし、調子に乗って長時間プレイしていると判断ミスをしやすくなり、気がついたら負けていたなんてこともありますので、トランプギャンブルは基本的に勝ち逃げで終わらせましょう。

まとめ:自分の得意なトランプギャンブルを見つけよう

自分にあったゲームを見つけよう

ここでは9種類のトランプギャンブルをご紹介しましたが、どのゲームだから勝ちやすいということはありません。

駆け引きが得意な人ならポーカーが稼ぎやすく、運が強い人にはバカラがおすすめします。

このように1人ずつ最適なゲームが違います。

トランプギャンブルで稼ぎたいのであれば、まずは多くのゲームを体験しましょう。

このとき、損をすることを恐れないでください。

自分に適したゲームが見つかるまでの損は初期投資です。

勝ちやすいゲームさえ見つかれば、いつでも取り戻せるので慌てず焦らず探しましょう。

また、ギャンブルですので100%勝てる方法はありません。

一攫千金を狙うのもいいのですが、まずはギャンブルを楽しむことをメインにして、大きく損をしないように1日に負けていい金額に上限を決めておくのもおすすめです。

いずれにしても熱くなりすぎないことが重要です。

あくまでも遊びの延長だと考えて、無理のない範囲でトランプギャンブルを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました